プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

初夏のドゥブロヴニクとブダペストのオペラ

今日は一日のかなりをipadの前で過ごしました。
その成果があり、来年五月のバケーションの予約が完了。行き先は念願のクロアチア・ドゥブロヴニク!

なかなかいいフライトがなくて、結局ルフトハンザでフランクフルト経由。直行便なら三時間のところ、ほぼ一日掛かりの移動。
でも現地では4泊と時間に余裕を持たせたスケジュールにしたのでよしとしました。ホテルも大型のリゾートホテルをチョイス。今からすごく楽しみです!

そしてもう一つ。
クリスマスに夫と行くブダペストでオペラ[La Boheme]を観賞することに。ブダペストにある国立オペラ座のサイトからオンラインで予約。劇場座席表を見ながら空いている席を自分で選べます。
世の中便利になったものです~。

top↑

曽祖母のクロネコ

今回日本の実家から一匹のクロネコを連れてきました。
と言っても、本物ではなく置物のネコ。



このクロネコ、元々私の母方の祖母、つまり子供達にとってのひいおばあちゃんが持っていたもの。
子供の頃、九州にある祖母宅に滞在するたびに可愛くて手に取っていたのを覚えています。

その後母が東京の自宅に譲り受けてきて飾ってあったのですが、家の建て直しの際に行方不明に。
母もすっかり捨ててしまったと思っていたところ、先日ひょっこり整理中のダンボールから出て来たとのことで、また実家に飾ってあったのです。

私はこのクロネコが大好きでしょっちゅう持って歩いては祖母に止められていたそう。
その頃は可愛いクロネコをどうして持ち出してはいけないのかわからなかったのですが、今回よくよく見てみたら陶器製。そのため落として割ったりしたら危ないからだったのだとわかりました。

そんな、ちょっとだけ祖母との思い出もあるクロネコ、九州から東京を経て今モスクワの我が家に。まさかこのクロネコがロシアに行くなんて祖母は夢にも思わなかったでしょう。

このクロネコを持ち帰りたいと言う私に母が「今思うとあなたのクロネコ好きは子供の頃からだったのねぇ~」と。
スラッとしたところがトトロにも似てて本当にかわいいです!

この先、このクロネコの旅はどこまで続くのかな?いつか娘が何処かへ連れていくかも⁈それまで壊さないように大事にしていきます!

top↑

スウェーデン語の通信教育

前に書いたとおり、モスクワには全日制のスウェーデン人学校があります。
あいにくウチからは遠いので、子ども達はインターに通っているわけですが、スウェーデン語の発達は気になるところ。
ウチの場合は特に、私がネイティブではないので子ども達には大きなハンデとなります。

そんな我が家に朗報?が。
この秋から新しく、モスクワ在住のスウェーデン人小学生向けのスウェーデン語の通信教育コースがスタートすることに。

早速、スウェーデン人学校の校長先生による説明会に行き、昨日子ども達はスウェーデン語の到達度テスト(レベルチェック)を受けて来ました。

小学五年の娘は読み書き共に六年生のレベルに優に到達。今後の目標は語彙力を増やすこと。

息子は小学二年生としては中程度、読み書き全体を向上させることが必要とのこと。

子ども達はこのテスト、スウェーデン語だったので楽しかったそう。
普段、英語で苦労しているからね…

この通信教育コース、一人当たり約六万円。
安くはないですが、子どものアイデンティティの為にもスウェーデン語は維持して欲しいので、やってみることにしました。
ウチの他、同じコミュニティ内に住むスウェーデン人家庭四家族、子どもの数トータル10人になる模様。
基本は各家庭での学習ですが、時折グループでのアクティビティなども計画されているそう。

通信教育だけに手伝う親(ウチの場合は主に夫)は大変ですが、頑張ってみまーす。
コースのスタートは九月です!

top↑

モスクワ生活、始めました

モスクワに着いて早くも二週間近く。
最初の四泊はホテル、その後モスクワ郊外の自宅に移りました。

スウェーデンから送った引越荷物はなんとまだスウェーデンにいるのですって。
原因はロシアのだーいすきなペーパーワークですよ。

子供たちはモスクワ到着翌々日から学校に通い始めました。
最初の二日は送迎に私も付いて行きましたが、三日目からは運転手のミハイルにお任せ。
でも毎朝7:15にミハイルが迎えにくる上、給食にアレルギー対応がない息子のためのお弁当作りがあるので、私は毎朝6時起きです。

おとといようやくロシアの携帯SIMカードを入手して、外界とつながるようになりました。

次は自宅のWifiだわ!

というわけで何とかこのモスクワの地で生きております。
到着からの詳細は自宅のネットが繋がったら書きまーす。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

はじめに

こんにちは、黒猫です
スウェーデン人の夫と結婚し、しばらく東京に暮らしていましたが、2008年にスウェーデンへ移住。
そのままスウェーデン暮らしが続くと思いきや、夫の転勤で2013年3月よりロシアのモスクワに約3年の予定で住むことになりました。

スウェーデンでは西海岸の港町かつスウェーデン第二の都市・ヨーテボリに在住。
そこでの様子を別ブログ【北欧での毎日】に記してきました。
今回モスクワへ引っ越すにあたり、新しくモスクワ赴任生活のブログを持つことに。

家族は小学校高学年の娘と低学年の息子。
どちらもいちおう日瑞のバイリンガルですが、モスクワではインターナショナルスクールに通うため英語も加わります。
そして黒猫、トトロ。
2011年、スウェーデン生まれのメス猫です。
クールでそっけない(かわいげのない)雑種猫ですが私にとっては可愛いのです。

スウェーデンでは移住直後からスウェーデン語と格闘。
その後人生二度目の大学生活に突入し、あと残り1年というところで、今回の夫のモスクワ赴任で私の勉強は中断。休学手続きを取りました。

でもこの4年半、ずっと勉強に追われる日々だったので、モスクワでは駐在員の妻として日々楽しく過ごしていきたいと思います。
赴任先がモスクワだけにいろいろと苦労も多そうですが、日瑞ファミリーのモスクワ生活の始まりです!

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。