プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

モスクワ動物園

子ども達とモスクワ動物園に行って来ました。
入場料は大人300ルーブル、日本円で約900円、子どもは無料。

夏休みですから、家族連れで賑わってましたよ。
息子は二ヶ月前に学校のエクスカーションで来たことがあるので、主に彼に案内してもらいました。
子どもは記憶力いいので、どこにどんな動物がいるかちゃんと覚えてましたよ、すごいもんだ~。

モスクワ動物園は旧園と新園が橋でつながっています。
どちらも廻って一通りの動物を見学。
どの動物もそれぞれに愛らしいけれど、ワタクシ的に大ヒットだったのがシロクマのコドモ!(たぶん)

動物園のシロクマというとダラーっと寝そべっているかノソノソと歩くイメージなのですが、このシロクマくんはひとりでボール遊びに夢中!
陸で水中でボールを使って遊ぶ姿の可愛いこと!
こんなに身近にシロクマ見たのも初めてでした。

大都会モスクワの中にあって、園内は大きな池もあり都会のオアシスではありますが、すぐそばに立つアパートやビルが見えるし、やはり各動物のスペースもスウェーデンや先日訪れたドイツのベルリン動物園に比べると狭めでした。
東京の上野動物園と似ている感じでしょうか。

途中、軽食をとりながら一通り園内を歩き、所要時間約二時間でした。
園内にある両生類館をはじめイルカのショーなど別途料金のかかるものは今回は何も入らず。
これらに入ると倍位の時間は必要かも。

七月なのに肌寒い日だったので園内を歩くには気持ちよかった。

それにしても園内いたるところに《動物に餌を与えないで下さい》の表示が。
それって常識でしょ?と思うけど、でもいました、やっぱり、餌あげてるオバちゃんが!
なかなかディープなロシアであります。
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。