プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

あと一週間

数週間前にアナ一家とのお別れがあったばかりですが、また悲しいお別れが…

今回は三月からずっとお世話になっていたドライバーさんのミハイル。
ミハイルがオフィスでの内勤をメインとする仕事に変わるため、ウチの専属ドライバーさんが別の方になることになりました。

ロシアに来て右も左もわからず、不安で一杯だった日々、いつでも私たちを時間通りに希望の場所へピカピカの車で連れていってくれました。

運転技術も高く安心して乗っていられるのはもちろん、この慢性渋滞のモスクワで渋滞情報をこまめに調べ迂回路を見つけたり、本当にドライバーさんとして完璧。
ドアの開閉や荷物を持ってくれたり、雨の時は傘をさしかけてくれたり、とてもジェントルマンなミハイル。

子どもたちにも親切で、学校からの帰宅時に子どもたちへバナナやキャンディ、飲み物を買ってくれたことも多々。
学校への送迎では車と学校の門までの間、子どもたちと手とつなぎ道路の横断などでもしっかりと子どもたちを守ってくれました。
ただ運転するだけでなく、私達の安全を気にかけることも自分の仕事だ、と話していたミハイル。
その言葉通り、私も子ども等も本当にいつも心から安心して出かけることができました。
子どもたち、通学の車中でよく寝ていて、特に娘は行きも帰りもミハイルの車に乗る=寝るといった感じだったらしいです(笑)
その他、ロシア語がわからない私に代わって、銀行での請求書の支払いやらお店の予約やら細々としたことを手伝ってくれたこともたくさん。

ほぼ毎日ミハイルと顔を合わせていましたし、長い日は数時間一緒にいた日もあり、色々おしゃべりもする位仲良くなっていたので、このお別れは正直とてもショック…
ミハイルが内勤になってしまえば、もう会うこともなくなると思います。

ミハイルの専属ドライバーとしての最後の仕事は、来週トルコ行きの空港へ私達を送る時。
夜中二時出発なので、なんかバタバタしてちゃんとお別れという雰囲気にならなくて返っていいかな。

それまであと一週間。
お別れ&ありがとうのプレゼント、何にしよう?

fc2blog_20130704231130df8s.jpg
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。