プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ロシアで初めてのお誕生日会

息子が学校のお友達のお誕生日会に呼ばれたので行って来ました。
招待状には、日時と場所しか記されておらず、どんなパーティーなのかよくわからないまま。
ただ住所を調べたら、どうやら某大使館の敷地内のよう。
そういえば、お友達のお父様は外交官でした。

でナビを頼りに行ってみると、やはり大使館職員の住居棟でのガーデンパーティー。
親も一緒に、ということでしたがウチ以外は皆その国の人達ばかり。
さらに娘がその庭に生えている木にアレルギー反応を起こしたので、息子だけ残し、私達三人は街中に繰り出しました。

約二時間後に戻るとパーティーもたけなわで、最後のバースデー・ケーキの登場。
お友達のRくん、みんなに英語のHappy Bithday to Youと自国の誕生日ソングを歌ってもらって嬉しそうでした。


ケーキを頂きながらご両親や英語の話せる他のゲストとしばらくおしゃべりを楽しんだあと、帰路につきました。

息子は参加した子どもの中でただ一人の外国人でしたが、Rくんととても仲良しなのでちっとも孤立せず楽しかったそう。
Rくん、まわりが自国語を話しても、息子を気遣ってか常に英語を話してくれていたようです。
モスクワ生活約二年のRくんは英語もかなり上手ですが、ロシア人、韓国人の多いクラスの中で、同じようにマイノリティなウチの息子と何か共感するところがあるのでしょうね。
ちなみにもう一人仲良しの友達がいるのですが、あいにくすでに自国に夏休みで帰省してしまったので、このお誕生日会には来られなかったのです。
三人とも欧州の非英語圏出身。
やっぱり類は友を呼ぶというところでしょうか。

Rくん、あと一年はモスクワにいるそうでとても心強いです。
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。