プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ノヴォデヴィチ女子修道院

世界遺産に登録されているノヴォデヴィチ修道院(Novodevichy Convent)に義両親と出かけてきました。
(ちなみにモスクワにあるロシアの世界遺産はこことあとはクレムリン&赤の広場だそう。)

ノヴォデヴィチ修道院は尼僧のための女子修道院だったそうです。
建設は1500年代。
ここでの修道女生活、夏はともかく冬は厳しかったんだろうなぁと思います。

ロシアっぽい建物。


青空に映えてとても綺麗です。


こちらは鐘楼だそう。

中登れるのかしら?なんて思って扉押してみたけど、しっかり施錠されてました。


この建物の中ではどうやらミサが行われていたようで、たくさんのロシア人が来ていました。

女性は頭にショールのようなものをかぶっていたので、義母は真似てスカーフを巻いて中をのぞきに行っていましたが私は外から眺めたのみ。
宗教には疎いし、信仰心もまったくない私なので、中には入りませんでした。

併設された墓地にロシアの有名人のお墓が多数あるようなのですが、ロシア語が読めないし、子どもたちがお腹すいていたためか不機嫌で喧嘩ばかりするので、早々に退散。

子どもたちと義父には先にミハイルのところへ戻ってもらい、私と義母で修道院群全景を眺められるスポットへ移動。

んー、綺麗です。

しかし、ロシアよ、世界遺産なんだし、もっと英語表記を増やしてもいいんでないの?と思わずにはいられませんでした。観光客、ほしくないんだろうか、ロシアは???
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。