プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ドライバーさん

ウチのドライバーさんはロシア人のミハイル。
彼はハイヤー会社の人ではなく、夫の会社の社員ドライバーさんでこの3月からウチの専属となっている人。

年齢は聞いたことないけれど、たぶん五十代。
いつもピシッとスーツやコートを着こなしたダンディな運転手さんです。
ロシアのドライバーさんというと黒っぽいジャンパーを着た怖そうなおじさんたちを連想しますが(実際ご近所さんのドライバーさんにはそういう人も多いです)、夫の会社のドライバーさん達は皆きちんとした身なりをされています。

ミハイルは時間にもきちんとしていて、朝は7時15分の出発に備え30分前の6時45分頃にはウチの外で待機。
私の用で出かける時も、遅くとも約束の時間の15分前に来ることがほとんど。
車も外はピカピカ、車内も常にキレイにしています。毎回濡れた靴で汚してしまうのが申し訳ないくらい…

運転はロシア風で日本・スウェーデンから来た私たちからするとちょっとコレ有り?と思うことはありますが、とても上手で安心して乗っていられます。
渋滞情報もこまめにチェックして、常に迂回路を探して最短時間で移動できるようにしてくれます。

子どものこともきちんと気遣ってくれるので、安心して学校への送迎をお任せしています。
私の買い物やおでかけなどではお店の入口の前で乗下車させてくれるし、荷物を運んでくれたり至れり尽くせり。
そんなの慣れてない私は毎回恐縮してしまいます。
夫には「マダームみたいだねぇ」とニヤニヤされる始末。

買い物はもちろん、モスクワ市内で人と会ったりする時にはどうしても彼を数時間待たせてしまうことになります。
ドライバーさんが外で待っていると思うと落ち着かなくて、最初の頃は慌てて買い物したりしていましたが、ミハイルにも「大丈夫、大丈夫。時間をつぶすための本やパソコンとか持ってるから、気にしないで」と言ってもらい、最近は私もやっと慣れてきました。

もちろん私も時間配分に気を使って、彼がちゃんとお昼の時間を取れるように、運転時間が長く続かないようになどと考えます。
毎朝子ども達を送り出す際に、ミハイルに「今日は○×に行きたいから、xx時に迎えに来て」とお願いします。あいにく夫の会社(ドライバーさんの待機場所)とウチが近くなく、日中でも一時間近くは見ないとならないので、呼んだらすぐに来てくれるという訳には行かないですし、何より子ども達の送迎が一番優先なので、私も一日の大まかなスケジュールは前日か、当日の朝には決めないとなりません。
そういう点ではやっぱり不自由なこともあります。

モスクワ郊外かつ最寄りの地下鉄駅もかなり離れているという、移動的には不便な場所に住んでいる都合、車は必須な我が家。
夫は元々車の運転が好きな方で、毎日自分で運転して通勤していますが、運転が苦手な私にはここモスクワでは絶対に無理。
ということは私や子ども達のここでの生活に大きく影響するのがドライバーさん。
なので彼とは仲良くうまくお付き合いしていきたいです。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。