プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

義弟が来た!

夫の3歳下の弟がウチに来ました。
5日ほどの日程で友人とモスクワ&サンクトペテルブルグを旅し、最後の夜だけウチに泊まりにきたのです。

義弟は実はロシア語が堪能。
学生時代と軍隊で勉強したそうです。
(ちなみに彼の奥さんもロシア語がかなりわかります)
ロシアに来るのもこれが8回だか9回目といっていました。

義弟が来て一番喜んだのは子ども達。
なんといってもスウェーデン語で話せるし、お土産ももらったのでね。

それと義弟は医師なので、息子を診てもらいました。
息子、このところ学校や新生活のストレスからか毎朝おなかが痛いというのです。
おなかを触ったり一通りの問診をしましたが、特に異常は無しということでやはりストレスが原因の腹痛だろうということ。
義弟は息子に「大人の僕でも、新しい職場に行ったり、救急外来の担当で夜勤だったりすると緊張しておなかが痛くなることがあるんだよ。だからまだ子どもの君が新しい学校で、新しい人たちとましてや新しい言語・英語だなんて大変だよ。おなかも痛くなったってちっとも不思議じゃないし、そういう子どもはたくさんいるんだよ」と話して聞かせてくれました。

息子も医者である義弟が言うことなら、と納得したようです。

私達もよく知った人が来てくれてとても嬉しかったのですが、今回はたった一晩だけ。
翌日ミハイルに空港まで送ってもらい私もお見送り。
義弟とその友人はスウェーデンへと帰路につきました。

次はもっと長く来るよ、と言ってたけど、次はあるかなー?
奥さんと子ども3人がいるので、そうそうは自由にならないと思うけど!?
スポンサーサイト

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。