プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ドゥブロブニク ⑤

ドゥブロブニク5日目はモスクワへ戻る日。

空港へのハイヤーカーを13:45に予約したので、お部屋を13:30まで使えるようレイト・チェックアウトできないかお願いしたらOKだったのは助かりました。

お昼まで丸々時間があるので、リゾート大好き家族な私たちはまたもやプールサイドへ繰り出しました。最終日はさらに気温が上がって24度位だったので、私も泳ぎました。冷たかったのは最初だけでいったん水中に入ったらとても気持ちよかったです!

昼前に部屋に戻り、簡単な昼食を済ませチェックアウト。
渋滞もなくスムーズに空港に到着。
手元に残ったクロアチア通貨のクーナを子供達が駄菓子を買って使い切りました。定刻通りにスラーアライアンスのペイントがされたクロアチア航空で経由地フランクフルトへ。

と、ここまではクロアチアの気分のままで良かったのですが、フランクフルト空港でルフトハンザのモスクワ行きのゲートに行ったらば、搭乗ゲートは大量のロシア人で溢れかえっていました‼︎

ちょうど向かいのゲートはほぼ同時刻発のANAの羽田行き。私もそっちに乗って日本に帰りたい~と思ったひと時でした…

最後の方に搭乗したところ、座席頭上のコンパートメントは既にロシア人達の大量の手荷物で埋め尽くされていて、隙間なし。ドイツ人の客室乗務員に相談すると、少し離れたところにスペースを見つけてくれましたが、彼女達もロシア人には困っている、というような反応でした…

モスクワでは預入荷物も出てきて一安心。入国手続きは毎度のことながら時間が掛かりましたが、無事に入れて良かった。(ウクライナ問題で欧米と揉めているのでどんなイチャモンをつけて入国拒否されてもおかしくないので)

迎えに来てくれたヴァレリーの車に乗ってすぐ子供達は夢の中。(モスクワ着は夜中の3時過ぎだったのです)
こうして私達のドゥブロブニク旅行は終了しました。

アドリア海の真珠と呼ばれる世界遺産でもある美しき街とリゾートの両方を楽しめるドゥブロヴニク、オススメです!



スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。