プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ドゥブロヴニク ①

念願だったクロアチアのドゥブロヴニク、行ってきました。

今回もいつも通り4泊5日。飛行機はフランクフルト乗り換えのルフトハンザ。ホテルはリゾート気分も満喫したかったのでラディソン・ブル・サン&ガーデンズ。

お部屋は広めのレジデンスタイプ、1ベッドルーム、シービューをチョイス。部屋のバルコニーから真っ青なアドリア海が見えました。



部屋にはキッチン付きのリビング&ダイニングエリア、ベッドルーム、バスルームがあります。








早朝モスクワを出ましたが、フランクフルトでの乗り換え時間が長く、ドゥブロヴニクに着いたのは夕方5時過ぎ。
でも街はまだまだ明るく、お天気も良くて気持ち良かったです。

空港からはシャトルバスに乗り旧市街のピレ門へ。大人一人35クーナ、約700円。子供は無料でした。

ピレ門に着くとそれはそれはたっくさんの観光客で溢れていました。スーツケースをガラガラと引きピレ門から城壁の中へ入りメインストリートであるプラツァ通りを抜け、旧港にあるお目当てのレストランへ。

ガイドブックにも載っている有名店ロカンダ・ペシュカリヤにてたっぷりのシーフードを白ワインとともにいただきました。



この頃には日も暮れかけ、風が肌寒くはありましたが海と中世の雰囲気たっぷりの城壁を見ながらの夕食は最高でした。子供達もシーフード、特に小魚のフライを気に入ってパクパク食べていましたよ。

レストランのそばには猫ちゃん達がいてわが家は大喜び。


みんななかなかお腹がムッチリしてたので多くの観光客がエサをあげているのでしょう。

その後タクシーに乗ってホテルに行き、旅の疲れで全員ぐっすり。一日目が終了。

スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。