プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

子どもたちスウェーデンへ

今週一週間学校がお休みのため(しかしウチの通う英系インター、本当に休みが多い、コレで大丈夫なのか?)、子どもたち二人だけでスウェーデンの祖父母のところへ。
フライトはもちろんスカンジナビア航空。今回もエスコートサービスをお願いしました。

子どもたちだけでのフライトは2回目。出発前、「二人だけで飛行機乗るの、どきどきする?」と聞いたらば、「全然」との答え。飛行機より、電車に乗ることのほうが少ないから電車だったらドキドキする、ですって。
確かに飛行機ならエスコートサービスやキャビンアテンダントさんなどお世話してくれる大人が常にそばにいてくれますしね。電車だとそうは行かないわけだし。

スカンジナビア航空は欧州路線の場合、コーヒー紅茶以外の飲食はすべて有料なのですが、今回のCAさんとても親切だったそうで子どもたちにジュースはもちろん、チップスやらマフィンやらチョコレートやらくれたそうでお腹いっぱい楽しいフライトだったとの事。荷物も素早く出てきたし、到着ゲートでは祖父母とも無事に会えて一安心。

祖父母宅では大好物の夕食を食べたり、いとこの家に遊びに行ったり楽しく過ごしているそう。



写真は夫実家の近所の森で飼われている鹿たちと戯れる子ども達。

今回のスウェーデン、一週間の短い滞在ではありますが、一泊二日でヨーテボリにも行き、娘は一日だけ以前通っていた学校に顔を出すことになっていて、それはそれは楽しみな様子。息子はあいにくその学年が試験期間ということで学校には行けませんが放課後の時間、友達と遊ぶ約束をしています。

私と夫はモスクワの自宅でのんびりまったり。(あ、夫は通常通り勤務していますが)
私は次回いつスウェーデンへ行こうか思案中。クリスマスかなぁ。。。?
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。