プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

義両親とクレムリン観光

普段郊外の自宅にこもりきりの(?)私たちですが、夫の両親が滞在中に皆でクレムリン観光に行ってきました。
モスクワ生活11ヶ月目にしてやっと、です。
実は昨年5月の義両親モスクワ滞在時にも2回チャレンジしたクレムリン。でもどちらも閉まっていたのでした。

出かけたのは新年明けて2日。
自宅から最寄り駅まで車で行き、そこからは地下鉄に乗ってGO!

クレムリンの外側で新しく出来たチケットセンターにて入場券を購入。かなりの人で10分ちょっと待ったかな。
窓口のおばちゃん、ちょっと英語も話せました。
そして空港並みの手荷物検査等を済ませトロイツカヤ塔からやっとクレムリン内へ!


今回はクレムリンだけで、別料金の武器庫やダイヤモンド庫は入場せず。これらはいずれ機会があればまた。

クレムリンの中に入ると、ほー、これがあのロシアの(というより旧ソ連の)クレムリンかー!と、ちょっと感慨深い気分になりました。
敷地内には強面の警備の人たちが要所要所に立っていて、観光客がちょっとでも車道にはみ出したり、見学エリアを外れるとすぐにピッ、ピッ、ピーッと笛を鳴らして戻るように言われます。厳しいデス。

さすがクレムリン。ザ・ロシアな写真がたくさん撮れました。









クレムリンを後にした私たちはランチのためにそばにあるグム百貨店へ移動。
テロ対策か、警備がとても厳しく、赤の広場に入るゲートは荷物検査のための長蛇の列があったため赤の広場経由では行けずぐるっと回りました。
グムでは3回にあるソ連スタイルの食堂、スタローヴァヤNo.57へ!
ここはセルフサービスでカウンターから好きな食べ物を選んで最後にお会計。
全員お腹がペコペコだったので、みんなサラダ、メインはもちろんデザートまでトレイにとっていました。
アレルギーのある息子の食べ物も眼の前で見て選べるので楽でした。
ここ、高級百貨店グム内にありながら、お値段がとても手ごろで味も良かったです。
夫の両親も喜んでいました。

食事後はグムをブラブラ。
クリスマス、ニューイヤー仕様の店内、綺麗です


ソチ・オリンピックのオフィシャルグッズを扱うロシアのスポーツメーカー入り口にオリンピックマスコットの白熊がいたのですが顔がビミョーでまるでニセモノみたい(笑)


グムを後にし、セキュリティーゲートをくぐり赤の広場へ。
アイススケート場が設置されていて、あのニュースで見るドッカーンと広い赤の広場は体感できなかったのですが、モスクワの代名詞的な観光名所ポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院とも呼ばれています)で記念撮影。
これまたザ・ロシア!!!


二回目の来露でやっとモスクワらしい観光が出来夫の両親も大満足な一日となりました。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。