プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ブダペスト旅行

さて、子どもたちの学校が今日からスタート。
というわけで久しぶりの一人の時間を満喫中の私。

クリスマス辺りからブログをまったく書いていなかったので、これから記事をあげていきま~す。

というわけでまずはブダペスト旅行、4泊5日。
子どもたちがスウェーデンの実家に滞在している間、夫と二人でハンガリーのブダペストでクリスマスを過ごしてきました。
ちなみに夫は過去に仕事で二回ほど、私は初めてのブダペストです。

泊まったのはCorinthia Hotel Budapest

今回はリッチに5スターホテルのエグゼクティブ・ラウンジにしました。
すっごく良かったです!!!


このホテル、立地的に観光名所の鎖橋から離れていて有名な美しい夜景を望むことはできませんが、地下鉄やトラム乗り場がすぐそばだったのでまったく不便はありませんでした。
ブダペストの街は大きくなく、地下鉄に乗らずとも歩いてもかなりのところを回れます。
滞在中は気温もマイナス1度からプラス5度くらいと年末のブダペストとしてはかなりマイルドだったので観光も苦になりませんでした。

クリスマス・イヴやクリスマス・デイは交通機関が休日運行だったり、お店や観光地が閉まっていたり。その分、ホテルライフを満喫。エグゼクティブ・ラウンジで夫とお茶をしたり、お酒を飲んだり。

はたまたホテルのスパを利用してジャグジーやサウナで体をほぐしました。夫からのクリスマスプレゼントとしてスパでのアロマオイルマッサージを受けたのですが、コレはもう至福のひと時でした。
25日の晩はホテルのレストランでクリスマス・ビュッフェ。
大好きなオイスターも並び、ひとりで8個も食べてしまった私。(夫は牡蠣が苦手なのでゼロ)
ウチのテーブルを担当していたウエイターさんにも「オイスターがお好きなのですね」と。

観光も有名どころは一通り回りました。
聖イシュトヴァーン大聖堂。





ブダペストといえばこのドナウ川に架かる鎖橋と王宮の丘。


昼間、鎖橋を歩いて渡ったのはちょっと感激でした。


こちらブダ地区の王宮の丘からみたペスト地区にある国会議事堂


漁夫の砦


中も外も美しいマーチャーシュ教会




クリスマスシーズンだったのでクリスマス・マーケットも出ていてあれこれ見ながら街を歩くのはとても楽しかったです。


ハンガリーの国立オペラでオペラ観賞もしてきました。

演目はLa Boheme。
オペラ劇場いっぱいの観客、やっぱり外国人旅行者がかなり多かったです。
モスクワのボリショイ劇場本館を見たあとだったせいか、ブダペストのオペラ劇場はこじんまりした印象ではありましたがとても美しかったです。もちろんオペラも良かったですよ。


ハンガリーはEU圏としては物価が安めなのも嬉しいことでした。
ハンガリー料理、タイ料理などを食べに出かけました。
ハンガリー料理はホテルそばのリスト広場にあるMenzaというカジュアルレストランが気に入り2回食事をしました。観光客はもちろん、地元の方でとても賑わっている人気店だそうです。

それとブダペストを代表する(?)老舗カフェのGerbeaud(ジェルボー)でお茶もしてきました。
カフェのウィンドー・デコレーションも可愛い。マカロンを使ってます。


私がいただいたのはプラムのケーキ&マカロンとカフェラテ。



ゴージャスな店内でいただくスイーツとラテは大変おいしゅうございました。

モスクワへ戻る日、空港へは来たときと同じようにエアポートシャトルで。コレ、お値段も手ごろで便利でよかったです。ホテルから空港へはコリンシアホテルが始発だったようで途中3件ほど停車して他のお客さんをピックアップ。ブダペストのごく普通の住宅街に行ったりして、地元の町並みを見れたのもまた楽し。

とてものんびり、リラックスでプチ贅沢をしたブダペスト旅行、最高でした。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。