プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ミーシュカの体調不良

前回の回虫によると思われる下痢嘔吐から回復し、二度目の回虫駆除薬をあたえ様子を見ていたミーシュカですが、今週また木、金と獣医へ連れて行くこととなりました。

というのもミーシュカ、とてもたくさん水を飲み、たくさんオシッコをするのです。体重1.7キロの子猫なのに、一日当たり水を最低150cc、おしっこを約9回。ネットで調べたところ、これは明らかな多飲多尿で、腎臓病、糖尿病などの命に関わる病気の可能性が。。。かかりつけの獣医にメールでミーシュカの多飲多尿を伝えると、やはりおかしいから連れて来るようにと。さらに心配なことにまたもや下痢が始まっていました。

獣医のところで多飲多尿と下痢の症状を伝えるとまずは血液検査。
すると白血球値が高く血液が炎症を起こしていて、よくないサインだと言われました。
ただ血中のグルコース値は正常で糖尿病は大丈夫そうだと。
となると心配なのはウイルス感染と腎臓病。

ウイルス感染の疑いとしては
ー 猫伝染性腹膜炎(FIP)
ー 猫エイズ(FIV)
ー 猫白血病(FeLV)
なかでもFIPの可能性を疑っている、と言われました。
これらは血液検査で陽性陰性が調べられるが、専門の先生が翌日金曜に来ること、また腎臓や肝臓を診る超音波検査の先生も金曜日に来るので翌日もう一度くるようにとのことでした。

帰宅後この三つの感染症についてネットで調べ、子猫の場合発症するとわずか数日から数カ月で命を落としてしまうほど危険な病気であること、先住猫であるトトロにもうつる可能性があることを知り愕然としました…
ミーシュカが大きくなるまで一緒にいられないかもしれないことを思うと心配と悲しみで胸が潰れそうでしたが、それでも最期までなるべくミーシュカの痛みや苦しみを減らし楽しく生きられるように尽そうと覚悟を決めました。

そして金曜日に再び獣医へ行き、超音波検査と感染症判定のための血液検査。
結果は、超音波画像による診断では今のところ腎臓に異常はみられない、ただし肝臓が若干腫れて大きくなっているとのこと。ただこれは5日前に使用した回虫駆除薬による回虫の反応のせいかもしれないから、あまり気にしなくて良いとの診断でした。

そして血液検査。毎回毎回細い前足に針を刺され可哀想でしたが、仕方がありません。
コレはすぐに結果が出ず、夕方電話で聞きました。
結果はどれも陰性!
本当にホッとしました。
毎回動物病院まで連れて行ってくれるだけでなく、通訳やら薬の購入やらずっと手伝ってくれているヴァレリもとても喜んでくれました。

もちろんまだ手放しでは喜べません。多飲多尿の原因はわかっていませんし、肝臓の腫れも気になります。
でもこれでミーシュカが大きくなる姿を見ていける可能性が高くなったので気持ちが楽になりました。
トトロへの感染の心配がなくなったのも良いニュースです。

とりあえず抗炎症剤、抗ヒスタミン薬、ビタミン、グルコース、ナトリウム液などを自宅で注射するようにと処方してもらったので、昨日今日と夫と二人でミーシュカへの皮下注射に悪戦苦闘。
私たちの緊張が伝わるのか、それとも注射の仕方が悪くて痛いのか、ミーシュカがとても嫌がるので私も夫もこれ以上打つのが嫌な気分です。。。


この後は一週間自宅で注射を続け、その後また血液検査をして経過を見てもらうことになっています。それで大丈夫そうならやっと一回目の予防接種が受けられるそう。下痢も治まったので、このまま良くなってくれますように…

こちら超音波検査のためにお腹の毛を剃られてしまったミーシュカ。


ハンサムボーイが台無しだね★

メモ: 木曜日獣医費用 500ルーブル
金曜日800+2400ルーブル、薬代約400ルーブル
スポンサーサイト

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

こんにちは!大変でしたね、、、
動物を飼うと家族の一員になりますよね、検査結果に本当にホッとされたことでしょう。
優しいオーナーさんでラッキーなミーシュカ、たっぷりの愛情きっと伝わっています(T_T)
何はともあれ早く原因がわかって元気に成長してくれますように!!

代替画像

No title

e さん
本当に気を揉みました〜。こんなに小さく可愛いコが病気だなんて…と。
もし命に関わる病気だったとしても、このコと巡り合ったのも何かの縁、きっと私達ができるだけのケアをこのコにあげるように、ということなんだと覚悟も決めました。
明日また経過観察と検査に行ってきます。

代替画像

本当にそうですよねぇ、縁があって黒猫さんファミリーに迎えられた子猫のミーシュカ。小さな命ですものね(´Д` )。 ミーシュカ頑張って!!! トトロあの寒さで外出するなんて、なんとたくましい女の子!(^-^)/

代替画像

No title

eさん
気にかけてくださってありがとう!
小さな命だけど、飼い主にとっては重い大事な命。少しでも長く一緒にいたいです。

トトは本当たくましいです(笑)GPSでもつけて、毎度外でなにしてるのか知りたいわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。