プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ダブル黒猫

ミーシュカに追いかけられ、ついつい高い所に逃げるトトロ。
先日はこんな所に。


私にとっては愛する新旧黒猫のツーショット
可愛すぎ❗️

しかしトトちゃんはこれでクロネコの影に隠れているつもりなのかしら?
トトの方が大きくてはみ出てますよ~!
スポンサーサイト

top↑

早くも真っ白なモスクワ

ここ数日雪が降ったり止んだりが続いています。気温がプラス2度からマイナス5度位の間なので湿ったベチョッとした雪です。

モスクワ郊外で緑の多い住宅街なここはこの通り真っ白に雪が積もりました。


週末は冷えるようで今晩から明日にかけてマイナス8度になるとか。
街ではクリスマスツリーやイルミネーションも見かけるようになりました。
冬本番です。

この雪と寒さで、さすがのトトロも毎日数回外には出るものの、割と短時間で帰宅。
これからトトちゃんの在宅時間が増えるので嬉しいわ。

top↑

少しづつ、少しづつ

微笑ましい光景が撮れました。

気温一度・雪の中、一日を外で過ごしたトトロが帰宅後ご飯を食べているところに近寄ったミーシュカ。
腹ペコトトちゃん、ミーシュカが気になるも食事続行。

こうしてだんだんと、少しづつ距離を縮めて行ってくれるといいなぁ。
隣同士ならんでご飯を食べる日も近い、かな⁈

そして今日の雪は積もり始めました。

これから夜中にかけて気温がマイナスになるらしいので、明日の朝は凍りそうです。

top↑

ミーシュカ、回復に向かう

土曜夜に打ってもらった四本の注射の効き目は抜群だったようで、ミーシュカすっかり良くなってきました!
昨日は一日パウダー状にすり潰した療養食のカリカリをお湯でふやかし食べさせましたが、今日も旺盛な食欲をみせる上、うんちも回数が減り柔らかめではありますが細長い形になってきたので、カリカリをそのままあげ始めました。

ボソボソになっていた毛並みもすっかりツヤが戻りふんわり(o^^o)
遊ぶ気も満々で身軽に動き回ります。
私的にはこのまま様子を見ればいいかな、とおもっていたのですが、朝ヴァレリが「念のため今日も獣医に診せたほうがいい」と勧めてくれたので動物病院まで行ってきました。

病院ではまたもヴァレリが間に入って全て説明してくれたので、私はミーシュカのケージからの出し入れと栄養剤の注射を打つ間彼を抱いていただけでした。
診察した獣医も、もう大丈夫そうだからこのまま投薬を続け、特に問題がなければ当初の予定通り約一週間後に二回目の駆虫薬投与(これはトトロも同時に)、そしてその後さらに一週間経ったら予防接種を受けるようにとのことでした。本日の支払いは50ルーブル、約150円。




さて、我が家のもう一匹、黒猫のトトロですが、今だにミーシュカの存在に慣れないようでひたすら避けています。たいてい外に行っちゃいますが(ここ数日気温も五度と高め)、帰宅すると餌を食べる以外は主寝室に篭り切り(´Д` )
たまに鉢合わせるとお互いの鼻を近づけてクンクンしますが、大抵はミーシュカが近寄るとシャーッと威嚇。。。
まーね、今まで一人でこの家で女王様だったから仕方ないかな。
でもトトロは凶暴な猫ちゃんじゃないので、少しづつミーシュカを受け入れてくれると信じています。

さて、私は今からコーヒーが飲みたいのですが、疲れたミーシュカが私の膝でお昼寝中。
ムムム、嬉しい悩みだけど、やっぱりコーヒー飲みたいっ‼︎

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

ミーシュカ夜間診療へ

水曜から始まったミーシュカの下痢と体調不良。金曜に獣医に診てもらったにもかかわらず症状が悪化してしまいました。
昨日土曜の朝、パウチ入りの療養食を少量あげたところ直後に嘔吐。
その後もほんの少しのフードでも嘔吐、というのを三回繰り返し、以降食欲もなくし水も飲まなくなり、グッタリとひたすら眠るだけとなってしまいました。

私も一時間半おきくらいに小さなシリンジを使って数ccづつ人間用ORSや砂糖水を与えましたが、下痢が止まらず(この二日間、一日に七回ほど)、嘔吐もあるので焼け石に水状態。

金曜午後から24時間以上も飲まず食わずのミーシュカ。脱水症状と栄養不足による衰弱がとても心配になり、金曜に見てもらった獣医に電話やSMSをしましたが、連絡取れず。
とにかく注射による栄養補給と水分補給をしなければ命が危ないと思い、夜九時半ごろヴァレリに連絡したところ「これから直ぐに動物病院へ行こう」と言ってくれ、迎えに来てくれました。

病院ではヴァレリが当直獣医にロシア語で経緯と症状の説明をしてくれたので本当に助かりました。
ただちに栄養剤、脱水症状を防ぐための水分、吐き気止めなどを四本も次から次へと注射。ミーシュカはかなり痛かったようでひどく鳴き声を上げて抵抗していました…>_<…
診察と注射でこの日の費用は140ルーブル、約420円。週末の深夜だったので追加料金がかかるかも、と思っていたのに、そのようなものはない上注射代も安くて1400ルーブルの間違いでは?と思わず聞き直してしまった私です。

すぐに注射の効果が出たのか、帰宅後ミーシュカは家の中を動き回り始めました。餌を欲しがったのでほんの微量カリカリを与えたのですがやはり嘔吐してしまいました。

でも今朝起きてみると、ここ五日間夜中に必ずしてあった下痢が見当たりません。また餌をひどく欲しがるので、療養食のカリカリ五粒をすり潰しパウダー状にしたものにぬるま湯を混ぜ与えてみました。また嘔吐するかもと注意深く観察するも異常なし。
その後も約一時間おきに五粒、十粒とカリカリの数を増やしながら与えています。この方法なら水分も取れるし、一安心。

今日も体調不良が続けば、また病院へ連れて行き注射をしてもらうことになっていましたが、この様子なら明日まで経過観察で大丈夫そうです。

午後三時半の現時点でも下痢・嘔吐なし。このまま良くなってくれるといいなぁ。頑張って、ミーシュカ!

食後休息をとるミーシュカ。ガリガリに痩せてしまいました…

top↑

ミーシュカ動物病院へ

ミーシュカが一昨日から下痢しています。一昨日は5回、昨日は6回、今日はまだ午後三時だというのに既に4回も泥状のうんち。

子猫がこんなに下痢をしたらあっと言う間に体力が落ち命の危険もあると思い、動物病院へ連れて行きました。
ここは外国人駐在員がよく利用する英語を話せる獣医がいる病院。
ヴァレリにお願いして予約を取ってもらおうと思ったら、通常ロシアでは予約はいらないのだそう。

動物病院へは四十分程で到着。
建物は古くて、ここ大丈夫?とちょっと不安になりましたが、きちんとした診察が受けられました。

問診後、下痢がウイルス性の病気のせいかまたは回虫によるものかを調べるための血液検査をしました。
また下痢とは別に、耳をとても痒がり、耳ダニの疑いがあるので耳垢を採取して検査しました。

十五分ほどで結果がでて、血液には問題がなさそうなので、回虫が原因だろうと。ウイルス性の病気でなくてよかった…あと耳はやはり耳ダニでした。

回虫駆除薬、下痢止めの整腸ジェル、胃腸疾患用のキャットフード(ロイヤルカナン)、耳ダニ用の点耳クリームが処方されました。


診察費が1500ルーブル、薬とキャットフードが約1800ルーブル、しめて約一万円でした。日本やスウェーデンより費用は安い、かな⁈

耳ダニの点耳クリームと回虫駆除薬はトトロも必要だそう。むむむ

ミーシュカは病院で大人しくとてもいい子でした!採血の時は小さく細い脚に針を刺されて可哀想だったけれど、鳴き声ひとつあげずにいました。
移動の車中もわたしの膝の上でお利口に眠っていたし。

しばらく薬と食事で経過観察。
下痢が収まってから一週間をおき、その後体調が良ければ再び動物病院へ連れて行き予防接種を受ける予定になっています。

早くよくなってね、ミーシュカ

top↑

イタリアン・ランチ

ミコヤンでお買い物の後、ベラルースカヤに出てランチを楽しみました。

行ったのは地下鉄ベラルースカヤ駅出口すぐそばにあるモダンなオフィスビルが建ち並ぶ一角にあるOsteria Biancaというレストラン。
店内はお洒落ですが外から見るよりカジュアルな感じ。客層もよくリッチなビジネスマン・ビジネスウーマンでいっぱいでした。店員さんも英語が通じるのはもちろん、機敏で感じがよかった。
一緒に行ったお友達と「なんだか東京にいるみたいな気分になるねぇ」と。それくらい居心地が良かったです。

そしてお料理もこれまたそこそこ手頃なお値段で美味しかった‼︎
私はパスタをチョイスしましたが、フレッシュパスタなせいか見た目よりボリュームがあり前菜なしでもお腹いっぱい。お友達が選んだピザはかなり大きめで女性一人で完食は厳しい感じ⁈

食後にコーヒーをいただき一人当たり約700ルーブル。
ま、東京での同程度のランチに比べたら高いですがでもここはモスクワですからね…

ちなみにこのレストラン24時間営業だそう。ランチメニューもなしです。
夫がイタリアン好きなので、今度一緒に行こうと思います。それにこのエリア、オシャレで美味しいそうなカフェやレストランがたくさんあったので今後開拓したいです!

top↑

ミコヤンでお買い物

お友達のお誘いで加工肉専門メーカー・ミコヤンの工場直売ストアでお買い物してきました。

買ったのはお友達絶賛のウインナー、焼き豚のようなかたまり肉、チリがピリリときいたサラミスティック。
いつもお世話になっているドライバーさんにも焼き豚とサラミスライスを。

加工肉だけでなく、美味しそうな牛、豚肉も販売されていて、店内は結構な数のロシア人がお買い物していました。
私は少し前にメトロで肉類をたくさん買って冷凍してあったので加工肉のみ。

早速お友達お勧めのウインナーを焼いて食べたところ、確かにロシアでこれまで食べたどのウインナーよりおいしかった!加工肉があまり好きでない娘でさえ、これは美味しい、と言ってパクパク。
残念なのはこのウインナー、卵が含まれていること。なので息子は食べられません。

ミコヤン、うちからはかなり遠いですがまた機会があれば行きたいわぁ。

top↑

とろける可愛さ 膝猫ミーシュカ

連日猫記事でスミマセン⁉︎

もーね、ミーシュカ、なつこくて本当に可愛い
夕べは一緒に寝ました。夢だったのです、猫ちゃんとぴったりくっついて眠るの。トトロは冷たいので…

ミーシュカは私の首元でグールグルと喉を鳴らして巻き付くように密着!
ミーシュカはどうやら人にくっついて眠るのが好きみたい。

昼間も遊び疲れて眠たくなると自分から私達の膝に乗って来ます。

くぅ~、膝猫を飼えるなんて奇跡のよう。ミーシュカを見付けてきてくれたヴァレリとその奥様には感謝感謝です!
どうかミーシュカが大きくなっても膝猫でいてくれますように…

ミーシュカ、よく寝て、よく遊び、家の中を興味深そうに探検しています。
キャットフードはトトロの時と同じくロイヤルカナンのベビー用ドライフードを。まだ食べるのが上手でないので、お湯でふやかしてから与えています。

今日は日中、私は約束があり後ろ髪を引かれつつ外出していたのですが、ミーシュカ、お留守番もバッチリで一安心。
(トトロは外遊びで不在、ミーシュカは誤飲や怪我を防ぐため、広めでかつ安全な娘の部屋に入れておきました)

と、ミーシュカのことばかりですが、もちろん私の愛しいトトロも大切に可愛いがっていますのでご心配なく(^-^)

top↑

我が家のニューフェイス

タイトルでもうおわかりですね。
そうなんです、ウチに念願の二匹目の猫ちゃんがきました!


全身グレーの子猫ちゃん。
生後約二ヶ月のオトコのコです。
雑種らしいのでロシアンブルーならぬ、ロシアングレーとでも呼びましょうか。

名前はミーシュカと名付けました。
ロシアっぽいでしょう⁈
ちなみにミーシュカはロシア語でクマの愛称らしいです。

まだちっこくて軽いの‼︎
ヴァレリがオーナーさんと連絡をとり、引き取ってきてくれました。

ケージからだしたら怖がってブルブル震えていました。でも撫でてあげたら気持ちよさそうにノドをグルグル鳴らせ大人しく抱っこ。

もう、初めて見た瞬間から、この子だ!と。まさに一目惚れ(≧∇≦)

心配していたトトロとの初対面も穏やかで、お互いの鼻をくっつけて匂いを嗅ぎあっていました。

という訳で今後、猫関連記事が増えると思いますがよろしくお願いします。

top↑

初夏のドゥブロヴニクとブダペストのオペラ

今日は一日のかなりをipadの前で過ごしました。
その成果があり、来年五月のバケーションの予約が完了。行き先は念願のクロアチア・ドゥブロヴニク!

なかなかいいフライトがなくて、結局ルフトハンザでフランクフルト経由。直行便なら三時間のところ、ほぼ一日掛かりの移動。
でも現地では4泊と時間に余裕を持たせたスケジュールにしたのでよしとしました。ホテルも大型のリゾートホテルをチョイス。今からすごく楽しみです!

そしてもう一つ。
クリスマスに夫と行くブダペストでオペラ[La Boheme]を観賞することに。ブダペストにある国立オペラ座のサイトからオンラインで予約。劇場座席表を見ながら空いている席を自分で選べます。
世の中便利になったものです~。

top↑

Koffeecake Corner

だいぶ前、十月の中旬のことですが、IWCのクラフトマーケットに行った後、ベラルースカヤ駅でてすぐのトヴェルスカヤ通り沿いにあるKoffeecake Cornerというカフェでランチ。

車でトヴェルスカヤ通りを通るたびに気になっていたカフェです。
ランチメニューが英語であり、お手頃なスープ、サラダやサンドイッチのセットがあります。

私が頂いたのはグリーンサラダとトマトと海老のスープ、サーモンとクリームチーズのサンドのセット+カフェラテ。

盛り付けもとってもお洒落!食べやすさはちと疑問の余地もありましたが…
お味もGood!
あとこのカフェ、店内のインテリアがものすごく女子好み!モスクワにいること、忘れちゃうくらい(笑)

ここはリピ決定です!

top↑

がっつり ステーキ・ディナー

土曜日、日中は子供達の宿題やらスウェーデン語の課題、更にスイミングなど細々、しかしこなさなくてはならないことが多々。
夕方からジムに行き、帰宅後は疲れて夕食を作る気力が失せた私…

すると夫が先日仕事で行ったステーキレストランが手頃でかつ美味しくてよかったから行こう、と。

で、車で20分ほどのところにあるステーキレストラン・СТЕЙКС(STEIKS)へ。
レニングラード大通り沿いにあるこのレストラン、外観はしょぼくて大丈夫かい?と思わせるのですが、中に入るとそこはびっくり、モダンでオシャレな店内。とってもロシア的(笑)

このレストラン、ダイビングスクールが併設されていて、レストラン入ってすぐにはダイビングレッスンで使用される青い水槽が眼下に広がります。

メニューも英語があったし、ウエイトレスさんも英語バッチリ。
メニューもサラダなどの前菜はもちろん、メインのステーキもアメリカ、オーストラリアなど牛の産地や部位を選べ、ソースも数種から選べます。

私はオーストラリア産を、夫はアメリカ牛をチョイス。子供達はグリルド・サーモンを。ガーニッシュにはそれぞれベジタブル添えライス、マッシュドポテト、フライドポテトを。その他前菜として私と夫はサーモンのタルタル、娘はチキンヌードルスープを頂きました。息子は前菜なし。
結構な量でしたがどれも美味しくて家族全員完食!久々にお肉をがっつり食べ満足。

代金ですが、上記の他飲み物に大人はビール、子供達はフルーツジュースをオーダーし、チップ込みでだいたい5000ルーブル、約15,000円ほどでした。

ウチからのアクセスも悪くないし、またお肉が食べたい時にはぜひ行こうと思います。

top↑

プロジェクト・二匹目

二匹目の猫が欲しいなぁと思ってきた我が家。
いよいよ二匹目探しが始動。
ペットショップで買うのには少しだけ抵抗があったので里親探しをしている猫ちゃんを、と考えました。

でもここはロシア。
ロシア語という壁があるので自分でネットや新聞で情報をさがすのは難しいのでヴァレリの助けを借りることに。

ヴァレリに私達の希望、

グレー単色の猫
雑種でもかまわないけれどロシアンブルーなら尚良し
性別はどちらでも
子猫または3才以内の成猫

を伝え、もしそういう猫を見つけたら教えてね、と一昨日頼んだ私。

すると昨日、条件にぴったりな猫ちゃんを見つけたからと写真まで取り寄せてくれました。

写真でみた感じではよかったので実際に見に行くアポのアレンジをお願いしました。
まだどうなるかわかりませんが、とてめたワクワク・ドキドキな私です。

top↑

ロシア料理教室 ③

またまた飛び入りでとあるグループの料理教室に参加してきました。
今回のメニューはロシア料理の王道・ボルシチ。もう一品はキノコ料理のジュリアン。

今回は参加者四人と小さめのグループ。
モスクワ動物園そばという素敵なロケーションにある景色のよいお宅でこじんまりと和やかにクッキング。

出来上がったのはこちら

これぞボルシチとう抜群に美味しく美しいスープには感動すら覚えました!
ボルシチ、これからは美味しいのが家でも作れます。お野菜たっぷり、栄養満点、身体も温まると、これからの季節には特に嬉しい一品。
ジュリアンは初めて頂きましたが、キノコのうまみがぎゅうっと凝縮された濃厚な味わい。パンとの相性抜群でワインのお供にもよさそう。

この二品、近日中に料理しなくては。
家族よ、お楽しみに!

top↑

曽祖母のクロネコ

今回日本の実家から一匹のクロネコを連れてきました。
と言っても、本物ではなく置物のネコ。



このクロネコ、元々私の母方の祖母、つまり子供達にとってのひいおばあちゃんが持っていたもの。
子供の頃、九州にある祖母宅に滞在するたびに可愛くて手に取っていたのを覚えています。

その後母が東京の自宅に譲り受けてきて飾ってあったのですが、家の建て直しの際に行方不明に。
母もすっかり捨ててしまったと思っていたところ、先日ひょっこり整理中のダンボールから出て来たとのことで、また実家に飾ってあったのです。

私はこのクロネコが大好きでしょっちゅう持って歩いては祖母に止められていたそう。
その頃は可愛いクロネコをどうして持ち出してはいけないのかわからなかったのですが、今回よくよく見てみたら陶器製。そのため落として割ったりしたら危ないからだったのだとわかりました。

そんな、ちょっとだけ祖母との思い出もあるクロネコ、九州から東京を経て今モスクワの我が家に。まさかこのクロネコがロシアに行くなんて祖母は夢にも思わなかったでしょう。

このクロネコを持ち帰りたいと言う私に母が「今思うとあなたのクロネコ好きは子供の頃からだったのねぇ~」と。
スラッとしたところがトトロにも似てて本当にかわいいです!

この先、このクロネコの旅はどこまで続くのかな?いつか娘が何処かへ連れていくかも⁈それまで壊さないように大事にしていきます!

top↑

トマトとパプリカのピクルス

先ほどいつも通り学校に行く子供達を見送るためドライバーさんの所に連れいったところ、ヴァレリからプレゼントを頂きました。

私達から旅行の度にお土産をもらっているからお返しに、と。


トマトとパプリカのピクルスです。
ヴァレリの奥様が仕込んたお手製なのだそう。
ダッチャで採れた新鮮な野菜をギュッと瓶詰めにしたピクルス、色鮮やかで食欲がそそられます。
写真だと わかりづらいですが、かなり大きめの瓶詰めです。

こんな風にロシアの方の生活にほんのちょっとだけでも触れられるのは嬉しい気持ちになります。
ロシアの普通の家庭の味、楽しみ!

あ、ちなみに今回私達からは日本のお土産としてヴァレリにサントリーのシングルモルトウイスキー・山崎をプレゼントしました。(ウイスキーが好きと聞いていたので)
ヴァレリ、とても喜んでくれて「クリスマスに飲むから、それまで楽しみに待つよ」と。お口に合うといいな~。

top↑

日本一時帰国 2013

日本に二週間滞在し、おととい日曜にモスクワに戻ってきました。
モスクワからは直行便があり、とっても楽チン。
アエロフロートの機体はエアバス330-300。
最新鋭の機材なのか、内装もシートもすごく綺麗でした!
パーソナルエンターテイメントシステムも充実していて、音楽も映画もたくさん用意されています。
アエロフロートというと以前はイメージ悪かったのが嘘みたい!

モスクワの自宅に戻って感じたのは、
1. 家が広いこと
東京では全てが小さく狭く感じていたのと、実家滞在中みんなで賑やかにしていたので、ここモスクワに戻ったら全てがガラーン。

2. 街が暗いこと
東京はお店があちこちにあり、街頭も多く照明も明るいので。

3. 炊飯器を開けた際の炊きたてご飯の色と艶が違うこと…もちろん味も。
実家では秋の新米を頂いていたので。。。真っ白ででぴかぴかに光る白米、おいしかった❗️

4. トトロが巨大に見えた
実家にはちっこいチワワのチクワがいて、それに見慣れていたのでトトロがジャイアントに感じられました。もともとトトロは割と小型なのですが、この二週間夫が毎朝大量に餌を与えてちょっぴり肥えたのと冬毛がみっちり生えたのとで余計大きく見えたのです。

今回は滞在が二週間と短かかったし、モスクワに来てからの子供の使用言語が増えて大変そうなので、毎年恒例だった日本の小学校への体験入学はしませんでした。
只々実家の家族と日本語で過ごし、日本を楽しむことに専念。
子供達のリクエストもあり、家族総出で東京スカイツリーにも昇ってきました!

温泉旅行にはいかなかったものの、実家からほど近いところにあるスパ温泉に出掛けました。気持ちよかった~~~!

食べ物もラーメンやらお寿司やら満喫。
ミスド好きな私は三度も通いましたよ。

子供達は毎晩のように私の妹とコンビニに出かけ、夜のおやつを色々と。
息子は肉まんとピザまんにはまっていました。

娘は大のリラックマ好き
今回も大量のリラックマグッズを購入。パジャマに下着にスリッパ、iPhone関連用品、文房具などなどリラックマだらけ‼︎ ま、リラックマ可愛いからいいけど。

一方、物欲の少ない息子の一番の楽しみは毎日近所の駄菓子屋通い。
毎日百円づつきっちり遣って怪しげなドリンクやらゼリー状のお菓子やら。ま、私も子供の頃は大好きだったから気持ちはわかるわ。

私はといえば高校時代・大学時代の友人、そして娘の幼稚園時代のママ友とあったり、ショッピングを楽しんだり。
友人たちとは長いお付き合いですが、会えばいつでもすんなりと離れていた時を超えおしゃべりが弾むのが嬉しい!
みんな各々色々あって、それぞれに頑張っているのよね。

それと私は日本滞在の際、毎回図書館で沢山の本を借り読書するのを楽しみのひとつとしているのですが、今回は13冊しか読めなかった…やっぱり二週間だと読書に当てられる時間が限られます。
でも今回はこちら読む書籍や雑誌も10冊ほど持参。
いつ読もうかと今からワクワク

昨日はスーツケースをアンパックし、後は家族でのんびり家で過ごしました。
日本から色々食品・日用品等持ってきたのでしばらくはホクホクな気分です。
モスクワに戻ってきたくなかった子供達、特に娘は早くも日本と祖父母、妹家族にホームシック状態。
早速FaceTimeで長々と話していました。

次の日本への一時帰国はまだ時期を決めていませんが、できたら1年たたないうちに戻れたら、と思っています。
あちらでお世話になったみなさん、ありがとうございました!

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。