プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

ひっそり

今日はお昼前にコミュニティ内を一時間強、早足ウォーキング。
そのあいだ、見かけたのはGreen menと呼ばれるガーデニングや敷地内の管理のワーカー達とナニー/ハウスキーパーさん、そしてわずかなロシア人住民だけ。

欧米からの外国人駐在員家族はその多くが自国に帰省中、リッチなロシア人もダーチャ(サマーハウス)や海外旅行でお留守のようで、コミュニティー内は本当にひっそり静か…
敷地内のファミレスもスポーツセンターもガラガラ。

それにしても七月は寒いまま終わってしまいました。
八月はスウェーデンと同じで秋の気配が漂い始めるはずなので、もうあの暑い夏は帰ってこないのかしら…?
スポンサーサイト

top↑

モスクワ動物園

子ども達とモスクワ動物園に行って来ました。
入場料は大人300ルーブル、日本円で約900円、子どもは無料。

夏休みですから、家族連れで賑わってましたよ。
息子は二ヶ月前に学校のエクスカーションで来たことがあるので、主に彼に案内してもらいました。
子どもは記憶力いいので、どこにどんな動物がいるかちゃんと覚えてましたよ、すごいもんだ~。

モスクワ動物園は旧園と新園が橋でつながっています。
どちらも廻って一通りの動物を見学。
どの動物もそれぞれに愛らしいけれど、ワタクシ的に大ヒットだったのがシロクマのコドモ!(たぶん)

動物園のシロクマというとダラーっと寝そべっているかノソノソと歩くイメージなのですが、このシロクマくんはひとりでボール遊びに夢中!
陸で水中でボールを使って遊ぶ姿の可愛いこと!
こんなに身近にシロクマ見たのも初めてでした。

大都会モスクワの中にあって、園内は大きな池もあり都会のオアシスではありますが、すぐそばに立つアパートやビルが見えるし、やはり各動物のスペースもスウェーデンや先日訪れたドイツのベルリン動物園に比べると狭めでした。
東京の上野動物園と似ている感じでしょうか。

途中、軽食をとりながら一通り園内を歩き、所要時間約二時間でした。
園内にある両生類館をはじめイルカのショーなど別途料金のかかるものは今回は何も入らず。
これらに入ると倍位の時間は必要かも。

七月なのに肌寒い日だったので園内を歩くには気持ちよかった。

それにしても園内いたるところに《動物に餌を与えないで下さい》の表示が。
それって常識でしょ?と思うけど、でもいました、やっぱり、餌あげてるオバちゃんが!
なかなかディープなロシアであります。

top↑

留守番猫

私たちがトルコ旅行の間、トトロは自宅でお留守番でした。

トトロのお世話は毎日ハウスキーパーさんに来てもらい、餌やりとお水の取り替え、猫トイレのお掃除をお願いしました。

ちょうど一週間、まるまる7日間家の中でひとりぼっちだったのでさすがに寂しかったのか、帰宅したらニャーゴ、ニャーゴ鳴いて、二階からすっ飛んできました。

しばらく私たちの回りを歩き頭を擦り付けたりしてたのですが、ものの三分もしないうち外に出してとおねだりするトトロ…
なーんだ寂しかったというより、外に出たかったのね…チーン

こちらはたっぷりの外遊びの後、ソファでお昼寝中のトトロさん。
あのー、ソレ、私のお気に入りのブランケットなんですけど?


そうそう、少し前にトトロがやせ細り心配していた私ですが、トルコから戻ったら太ってました!
一週間、食べて寝てを繰り返したからでしょうねぇ~。
(えぇ、私と夫もトルコで似たような生活してたのでそれぞれ二キロずつ太りましたとも、汗)

そして今も餌をモリモリ食べるトトロさん。外が冷んやりしてるし、秋冬に備えて肥えるつもりか⁈

なんにせよ、トトロの寝顔に癒されるワタクシでした。

top↑

新しいドライバーさん

夫の夏休みが昨日で終わり、今日からまた子どもたちと過ごす日々です。
相変わらずリンゴ製品三昧の子どもたちに他の事をやらせるのに苦労しそう(汗)

今日は新しいドライバーさんのヴァレリにMETROへ行ってもらいました。
ヴァレリは6月に他国へ移ったアナ一家のドライバーさんだった人で、アナもその旦那さんもその人柄、仕事ぶりをとても評価していました。
今日話してみて、ヴァレリはとても人当たりが良く、穏やかでまた英語も流暢で、すんなり馴染めそうです。

明日はモスクワ動物園に行くことにしました。
お天気、予報ではあまり良くなさそうですが雨は降らなそうだし、気温23度くらいと涼しくていいかな。
また動物園の様子、後日リポートします。


テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

トルコ・アンタルヤ旅行

この夏の家族旅行第一弾はビーチリゾートへ。
行き先はトルコのアンタルヤ。
地中海に面したヨーロッパ人とロシア人に人気のリゾートです。

飛行機はトルコ航空でモスクワ・ヴヌコヴォ空港から直行便で約3時間ちょっと。
ウチは安いチケット選んだので、朝方4時半発の便でした・・・

真夜中の1時半ごろミハイルが迎えにきてくれました。
彼の私たちのドライバーさんとしてのお仕事はこの日で最後。
空港でプレゼントとカードを渡し、ハグをしてお別れしました(涙)

飛行機は定刻どおりに飛び立ち、アンタルヤに到着したのは現地時間朝7時ごろ。(モスクワとの時差は1時間)
ホテルには8時過ぎに到着しました。


14時のチェックインまで長いから何して過ごそう?と思っていたのですが、荷物を預けにフロントに行くと「どうぞ朝食を召し上がってください。朝食後にはお部屋が用意できると思います」言われびっくり!
こういう心遣いやサービス、嬉しいですね~。

早速プールサイドにあるテーブルにて朝ごはんをいただきました。



このホテルではなんと数匹の猫を飼っていて(というか面倒を見ていて)、食事時になると猫さんたちがおこぼれに預かろうと控えめ~にテーブルの周りにやってきます。
猫好きな私と子どもたちはたまりませんがな。

(餌を与えてはいけないのですが、可愛くてついつい食べ残しなどちょこっとあげてしまいました、汗。でも猫たちは鳴いたり、しつこくせがんだりすることもなく、お行儀よくテーブルの脇に座っていました)

朝食後、ホテル内の施設や海を見学して回り、その後お部屋にチェックインさせてもらいました。
部屋は4人分のベッドが場所を取り、狭く感じましたが余り部屋で過ごすこともないので、よいでしょう。
高層階だったのもあり、バルコニーは小さいながらもしっかりとオーシャン・ビューで地中海がきれいに見えました。
ホテルのプールも良く見渡せてとても綺麗な景色に感激!!!


前夜は飛行機の中で少し寝ただけでかなり疲れていたのですが、すぐに着替えてプールサイドへ。
デッキチェアも十分な数があり、4人分見つけられました。






この日は少し曇りがちだったのも、日射しに慣れていない私たちにはちょうどよかったです。
途中ランチをはさみながら、数時間泳いだりデッキチェアで寝そべった後、一旦部屋に戻りシャワーをし、夕食前に全員で昼寝をしました。

今回利用したホテルはアンタルヤのLara地区にある、Liberty Hotels Lara.
3度の食事はもちろん、一日中ホテルでの飲食が宿泊料金に含まれているオールインクルーシブ・タイプのホテル。(このLara地区のホテルは皆同じタイプ)

晩御飯は19時から。
レストラン内とプールサイドにたくさんの食べ物が並びます。
プールサイドのほうは、炭火焼のBBQやWokなどその場で調理しているものが多くていい匂いが漂います。



テーブルも外のテラス席、大きなレストラン内に共にたくさんあり、ゆとりがありました。

スタッフも皆とてもフレンドリー。
他のゲストはドイツ人、オランダ人、イギリス人、ロシア人が多く、アジア人はやっぱり少なかった。
私と娘はホテルのスタッフから何度もどこから来たの?何人?と聞かれました。
その度に、私は日本、娘はスウェーデン、でも来たのはロシアからと複雑な回答(笑)
あ、スウェーデン人もちらほら見かけました。
娘はたまたま同じ年のスウェーデン人の女の子とお友達になり、数日間一緒に遊んで過ごしていました。

三日目にはバスに乗りLara地区にある大きめのショッピングセンターへお買い物へ。
でもモスクワとショップがほとんど同じ感じで、値段的にも大して変わらなかったのであまり買い物もせず。

それ以外はずーっとホテルにいて朝から食べて飲んではプール、食べて飲んではプールの繰り返しでした(笑)
ちなみに海はかなり綺麗で海水温も高めで良かったのですが、波打ち際すぐから急に深くなるタイプのビーチなので子どももいるし、私たちは海には入りませんでした。
(子どもは足がつかないようなところでも平気ですが、私が駄目なのです)


のんびりビーチリゾートでオールインクルーシブだったので、食べ放題、飲み放題。
コレは楽しかったし楽チンで最高です。
レストラン選びでもめることもないし。
食事は曜日によりテーマが異なり、1週間食べ続けても苦にはなりませんでした。
主婦の私からすれば、料理せずにたくさんの中から選んで好きなものを好きなだけ食べられるというのは夢のような日々なわけで(笑)
食事時以外でもほぼ一日中、ピザやハンバーガーなどの軽食類も頂けます。
飲み物もプールサイドで、ビーチ・バーで、レストランで、ロビーラウンジでとワインやビール、カクテルやジュース、コーヒーなどたくさんいただきました。
(アルコール類はローカルのものだけ無料。インポートものは別途有料です)

初日少し曇った以外は、あとはずーっと晴天&気温35度以上。
地黒で恐ろしく日焼けしやすい私はSPF50の日焼け止めを塗り、常に帽子をかぶり、なるべく日陰にいて焼かないように気をつけたのですが、もちろん効き目なし。
家族の誰よりも黒くなりましたよ・・・とほほ。
毎日頑張って(?)暑い日差しの中寝そべっている白人たちから見たらうやましがられるほどの焼け具合に悲しい私。


最終日は12時にチェックアウトのあとしばらくホテルロビーで過ごし、夕方アンタルヤ空港へ。
というのもモスクワに帰るのは夜22時のフライトだったので。
空港でもまたしばらくぶらぶらと時間をつぶし、やっと19時ごろチェックイン。
その後はDuty Freeなどでお買い物。
ここでは化粧品やお土産などいろいろと。

行きは朝4時半、帰りは夜22時と早朝・深夜便だったのですが、どちらもロシア人の家族連れで満席でした。
飛行機は予定通り深夜2時半にモスクワに到着。

新しくウチののドライバーさんとなったヴァレリが到着ゲートで迎えてくれ、自宅には3時半ごろ到着し、4時には就寝。
長ーい長い一日が終わりました。

【総評】
トルコのアンタルヤ・ララ地区、ファミリーにはとってもお勧めのリゾートです。
青い海、白い砂浜、澄み渡った青い空、強い日差し、しっかりと暑い気温、綺麗なプール、美味しくてバリエーション豊富な食事、とリゾートに欠かせないものバッチリ揃っています。
ややマイナス点はショッピングがあまり充実していないこと、ハイクラスのラグジュアリー感はないこと、ですか。(コレはファミリー向けなので仕方ないですね、でも誤解のないように、ホテルの施設はとても立派で清潔でとても良かったですよ)
家族全員すごく楽しかったので来年の夏も行こうかと検討中です!


以下、イメージ写真です。







テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

トルコのリゾートへ行って来ます!

ここ数日気温二十度前後と肌寒い日が続くモスクワ。
こんな気候はヨーテボリを思い出させます…
今日は快晴の予報ですが、週末からはお天気も下り坂のよう。

幸い(?)私たちは今晩深夜から、太陽輝く地中海のリゾート地、トルコのアンタルヤへ。
予報では気温35度前後としっかり真夏!

ビーチリゾートは四年前のマヨルカ島以来の我が家。
一週間、楽しんできまーす!

top↑

Cafe Pushkin

モスクワを代表する超有名店、カフェ・ブーシキンへランチに行ってきました。

イメージ的にとても高いんだろうなぁと思っていたのですが、在モスクワの方のブログを見たらかなりお手ごろ価格でランチがいただけるとのことだったので、夏休みに入った夫と二人で出かけてきたのです。
(高級店でのランチに興味のない子どもたちは家でお留守番)

カフェ・プーシキン、モスクワのど真ん中トヴェルスカヤ通りのすぐ脇、プーシンスカヤ駅出てすぐのところにあります。


入り口にはドアマンが立っていて、ドアを開けてくれるあたり、すでに高級感漂っていました。
店内は重厚感あるクラシックな雰囲気。

月曜日のお昼12時ピッタリに行ったので、空いていましたが、あとから結構お客が来ていましたよ。

席に着いて頂いたメニューは通常のアラカルトメニューだったので、ランチメニューはありますか?と聞いたら持ってきてくれました。
ランチメニューは12時から4時まで。
前菜、スープ、メインの3つがあり、それぞれ数種類から選べます。
夫は三皿コースを、私は前菜とメインの二皿コースをオーダー。

前菜はそれぞれ違うものを選んだ私たち。
夫はサーモン・タルタルを、私は牡蠣のゼリー寄せ。



この牡蠣のゼリー寄せ、ゼリー部分がゆず味で、もう私のツボをつく絶品!!!
横に添えてあったまるで花壇のような美しいサラダも酸味が程よく利いていてとても美味しかった。

メインはどちらもビーフ・ストロガノフをいただきました。

こちらはとーっても濃厚な一品。
マッシュドポテトもクリームソースもこってりで見た目よりボリュームたっぷり。
きのこ類と一緒にソテーされたビーフはやわらかくて美味しかったです。
ただクリーム系がそんなに得意でない私には完食はきつかった…
クリーム系大好きな夫(スウェーデン人ですからね)はもちろんペロリ。
写真には写っていませんが、さらにサイドにキャベツ入りのピロシキも添えてありました。
(写真の写りが良くなくてすみません。レストランで写真取るの苦手なので・・・)

食後にコーヒー、紅茶やデザートは?と勧められましたが、満腹の私は無理で、夫のみコーヒーだけ。
ここはデザートも絶品らしいので、次回はカプチーノとともに食べてみたいものです。

今回私たちはカジュアルなランチだったので1階の薬局といわれるお部屋でしたが、2階、3階はライブラリー(書斎)と呼ばれさらに高級な雰囲気の中、さらに高級なメニューが用意されているそうで、いつか行ってみたいものです。(さらにテラス席もあるとか・・・?)

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

日本人のお友達が遊びに来たよ

7月はじめのロシア料理教室で知り合いになった日本人ママさんお二人がお子さんを連れて我が家に遊びに来てくれました。
来てくれた子どもたちは上は中2から下は小2まで。
集まった三家族、いずれも二人兄弟で上がお姉ちゃん、下が弟という奇遇な組み合わせ。
最初は初対面のお友達に、子どもたちお互いもじもじしていましたが、時間がたつにつれまずボーイズが、続いておねえちゃんズもおしゃべりが弾むように。

ランチはコミュニティ内のファミレスでいただきました。
外のテラス席だったので、待ち時間など、子どもたちは鬼ごっこをしたり、プレイグラウンドの遊具で遊んだりして楽しそうでした。

ランチ後は我が家に戻り、ママたちもおしゃべりが弾み夕方まで時間があっという間。

そうそう、お二人のママさんたちがフローズンヨーグルトを持ってきてくださったのですが、これがとても美味!!!
プレーン、マンゴー、ストロベリーと3種類いただいたのですが、どれも甲乙つけがたく美味しいの。
先日ウチもお買い物に行ったアフィモール内のフローズンヨーグルト屋さん、Pinkberryからのものだというので、次回お買い物に行ったら是非買ってみようと思います。

お二方はモスクワ中心部にお住まいなので、ウチへは車にせよ、地下鉄にせよ1時間ほど掛かってしまうのですが、遠い中遊びに来ていただいて感謝感謝。
また是非遊びに来ていただきたいな~。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

Chinese Food Store

モスクワの日本食材店が閉店したと聞いたので、代わりにと中華食材店へ行ってみました。
行ったのはプロスペクト・ミラ駅に程近いChinese Food Store

あらかじめウェブサイトでチェックしたところ、日本食材もかなり扱っているようなので期待して出かけましたが、やはり店舗での品揃えはたいしたことなかった・・・

結局買ったのは、胡麻油や海鮮醤、餃子の皮、お味噌、日本のお菓子少々など。
ヨーテボリでも買っていたおコメ、カリフォルニア米の錦(NISHIKI)も売っていたのですが、20kgで10,000円ちょっとと高めでしたので、今回は見送りました。
ブルドックのトンカツソースやエバラのキムチの素を買いたかったのですが、ありませんでした。残念。

せっかく遠路はるばる行ったのに(距離はたいしたことないですが、渋滞があるので片道1時間以上掛かります)たいした収穫がなくて残念。
やはり10月の日本里帰り時にどっさり買い込んでくるしかなさそうです。


テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

Viet Cafe

先週は気温三十度以上の真夏日が続き、木曜日は35度と気象庁で言う所の猛暑日もありました。

でも今週は気温も20-26度くらいと、また気持ちの良い日々になりそうなモスクワです。

さて、週末にモスクワの新しいビジネスセンターMoscow Cityにあるモダンなショッピングモール、アフィモールへ出掛けてきました。
建物の吹き抜け部分には四階程の高さまで水が噴き上がる噴水があり、ガラス張りの天井からは高層ビル群が見えたりとなかなか。



最上階には巨大マトリョーシカも!


この日はここにあるベトナム料理店、Viet Cafeでランチ。
食べたのは定番のフォーとエビの春巻き。



んー、味はよかったですが、ポーションが小さかった!
次は何皿か頼もうっと。

その後、GANTに行きセールで夫のサマーパンツを。
私もなにか、と思いましたが、子ども達の早く家に帰りたいコールにあい、スタバでお茶してから帰宅。
ま、子連れのショッピングはこんなものでしょう。

top↑

あと一週間

数週間前にアナ一家とのお別れがあったばかりですが、また悲しいお別れが…

今回は三月からずっとお世話になっていたドライバーさんのミハイル。
ミハイルがオフィスでの内勤をメインとする仕事に変わるため、ウチの専属ドライバーさんが別の方になることになりました。

ロシアに来て右も左もわからず、不安で一杯だった日々、いつでも私たちを時間通りに希望の場所へピカピカの車で連れていってくれました。

運転技術も高く安心して乗っていられるのはもちろん、この慢性渋滞のモスクワで渋滞情報をこまめに調べ迂回路を見つけたり、本当にドライバーさんとして完璧。
ドアの開閉や荷物を持ってくれたり、雨の時は傘をさしかけてくれたり、とてもジェントルマンなミハイル。

子どもたちにも親切で、学校からの帰宅時に子どもたちへバナナやキャンディ、飲み物を買ってくれたことも多々。
学校への送迎では車と学校の門までの間、子どもたちと手とつなぎ道路の横断などでもしっかりと子どもたちを守ってくれました。
ただ運転するだけでなく、私達の安全を気にかけることも自分の仕事だ、と話していたミハイル。
その言葉通り、私も子ども等も本当にいつも心から安心して出かけることができました。
子どもたち、通学の車中でよく寝ていて、特に娘は行きも帰りもミハイルの車に乗る=寝るといった感じだったらしいです(笑)
その他、ロシア語がわからない私に代わって、銀行での請求書の支払いやらお店の予約やら細々としたことを手伝ってくれたこともたくさん。

ほぼ毎日ミハイルと顔を合わせていましたし、長い日は数時間一緒にいた日もあり、色々おしゃべりもする位仲良くなっていたので、このお別れは正直とてもショック…
ミハイルが内勤になってしまえば、もう会うこともなくなると思います。

ミハイルの専属ドライバーとしての最後の仕事は、来週トルコ行きの空港へ私達を送る時。
夜中二時出発なので、なんかバタバタしてちゃんとお別れという雰囲気にならなくて返っていいかな。

それまであと一週間。
お別れ&ありがとうのプレゼント、何にしよう?

fc2blog_20130704231130df8s.jpg

top↑

やせっぽちトトロ

久々にトトロのこと。
暑い夏のモスクワを満喫中のトトロさん。

一日のほとんどを外で過ごすので、家にはゴハンと昼寝で二、三時間しかいません…
ゴハンも日に二回食べたらいい方。
ひどい日は一日中食べずに過ごす日も。(つまり24時間帰って来ない日もあります)

そんな不健康な?生活してたら、トトロさん痩せてしまいました…σ(^_^;)




かなりガリガリなので何か病気か?とちと心配な私…
もっとも、毎日外を飛び回り餌も忘れて遊び歩いてるから、痩せるのは当然なのですが…

八月初めまでには年に一回の予防接種を打たなくてはならないので、その時に獣医さんにこんなにやせっぽちで大丈夫かきいてみようっと。

その前に獣医さん、探さないと…(汗)

top↑

年末と2月の旅行

またまた航空券の予約をしました。
年末(クリスマス時期)と来年の2月の学校のハーフ・ターム休暇です。

年末はクリスマス少し前から子どもたちだけでスウェーデンのファルモル・ファルファルのところに行ってあちらでクリスマスを過ごしてもらうことにしたので、コペンハーゲンへの直行便を二人分予約しました。
夫が航空会社に連絡をとり、航空会社職員によるサポートつきです。

子どもたちだけを飛行機に乗せるのは今回が初めて。
一応国際線ではありますが、飛行時間も2時間半と短いし、12月に二人だけで飛ぶ前にこの8月に同じ航空会社の同じルートで私と一緒にスウェーデンへ行くので、それが予行練習になるので大丈夫でしょう。
フライトアテンダントもスウェーデン語がわかる人がいると思いますし、それに子どもたちもある程度英語が話せるので、困ったときは大人に助けも求められうと思うのです。

ちなみにスウェーデンからモスクワへの帰りは、義父母が子どもたちと同じフライトに乗り、年越しをモスクワで過ごす為にやってくるので安心です。
クリスマス時期、モスクワに残る私と夫は二人で何しよう?
せっかくだから高級レストランにでも行ってみようか?

そして2月の旅行は家族でスペインのバルセロナへ!
バルセロナ、私がずーっと行ってみたいと思っていた旅行先。
やっと行ける事になって嬉しいです。
こちらは4泊5日の日程です。
世界遺産もたくさんあるし、2月の厳寒なモスクワから温暖なバルセロナ(2月の平均最高気温は14度くらいだそう)へ行くのはとても気持ちもいいでしょう。
すご~~く楽しみです!!!
この秋の日本への帰省時に地球の歩き方を買ってこなくては!

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

今年度の学校終了、そして夏休み

木曜日に子どもたちの通うインターナショナルスクールが終了し、夏休みに入った我が家。
子どもたちは、指折り夏休みを待っていたので、とても嬉しそうですが、わたしはこれから毎日子どもたちに朝、昼、晩と食事を用意すると思うと気が重い・・・
もう、相手をしなくても勝手に過ごしてくれますが、そうすると一日中パソコンやアップル製品の前にいるので、それをやめさせるのが至難の業ですし。

さて、夏休み前には子どもたち、学校からの成績表をもらってきました。

まずは息子が早々と6月下旬にもらってきました。
成績表、見てびっくり!!!
立派な評価をたくさんもらいました。
特に英語と算数はほとんどの項目で3段階評価(日本風にすると可・良・優)でほとんどが一番いいものをもらいました。
学習への意欲と姿勢についても4段階のうち、最高のExcellent(優)がほとんど。

担任と校長からのコメントにも、
【英語があまりわからない中スタートしたのに、驚くべき速さで英語を学び成長しました。算数も母国で学んだ知識を生かし、英語に置き換えさらに応用していけました。まだまだ英語を伸ばすことが必要ではあるけれど、非英語圏出身の生徒としては例外的な理解力と学習力を持っている】とほめられました!
上出来です、うちの息子君。

そして娘は学校最終日に成績表をもらってきました。
彼女は息子よりは日常会話という点では英語ができましたが、学年が上な分学習内容も難しく、授業やテストで使われる英語も高レベルで、この3ヵ月半はやはり大変でした。
特に毎日出させる宿題!
ある程度英語がわかる私でも難解な宿題が多く、ほぼ毎晩夫が帰宅後に付きっ切りで宿題を手伝ってきました。
そんな中頑張った娘の成績も立派でしたよ。

全10科目のうち、優に相当する評価をもらったのは地理、ドイツ語、IT、音楽、図工。
英語、理科は良を。
算数、歴史、ロシア語は可でしたが、これは英語での算数の出題内容を理解するのが難しかったり、歴史では娘が入学する以前の学習内容部分が試験に出たこともあり、なかなか厳しかったようです。
ロシア語が難しいのは言うまでもないですし、言語が一気に増えた中、正直そこまで手が回らないというのもありましたが。

それでも学習意欲と姿勢においては、全科目にて優をもらいましたし、本当に良く頑張ったと思います。

優をもらったドイツ語はスウェーデン語と似ているから、という理由で選んだのですが、それでも彼女にとっては生まれてはじめて目にする言語。
(本当はスペイン語をやりたかった娘。でもここモスクワにきてインターに通うようになり、これまでの日本語、スウェーデン語に加え、英語とロシア語が加わり、さらにもう1言語を選択となり、一番楽そうなドイツ語にしたというわけです、なんと5言語!)
夫やその家族がドイツ語堪能なのもあり、その助けもあって頑張った娘。
もともと言語的感覚は優れているようで、今回の優の評価にとても喜んでいました。

ちなみに娘の学校のほうは、可、良、優のほか不可もあるそうなので、娘の場合、すべての科目をクリアしたという点でも立派です。

と、こう文字にして書いてみると、子どもたちこの3ヵ月半で立派に成長してるなぁ・・と。

息子は英語がわからず、先生のいうこと、友達の会話が理解できずそれがプレッシャーとなり、また本当はできるのに、英語がわからないばかりに課題をこなせないストレスで毎朝お腹が痛くなり、泣きべそをしていました。

娘は息子のように学校に行きたがらないというようなことはなかったけれど、それでも完ぺき主義な彼女にとっては、やはり言語の違いにより自分の思うとおりに文章を書けないこと、科目が急に増えたり、スウェーデンで学習したことのないもの(シェークスピアやイギリスの歴史)などがちんぷんかんぷんだったことがストレスだったようです。

さて、これから約丸2ヶ月の夏休み。
今月にはトルコのアンタルヤ(ビーチリゾート)、8月には3週間ほどスウェーデンへ帰省します。
(日本へはこの秋に帰省します)
こどもたち、のんびり楽しく過ごしてもらいたいけれど、少しは日本の漢字学習や日本語の本も読んでもらわねば。
母の試練の日々の始まりです。。。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

ロシア料理教室

お友達からのお誘いをうけて、初めてロシア料理教室に参加して来ました!

先生は流暢な日本語を操るロシア人のN先生。
参加者は私を含め五人の日本人奥様方。
今回私ともうお一方は欠席したレギュラーメンバーのピンチヒッターとして参加させて頂きました。

メニューはヒンカリ(グルジア風小籠包)とロビオ(グルジア風煮豆サラダ)。


とっても美味しゅうございました。

材料のほとんどはどこでも手に入りそうなのですが、この二つ、アジーカとフメルスネリはロシア以外では入手が難しそう。




昨日、早速煮豆サラダを晩御飯に出してみたのですが、家族全員からも美味しい!と褒められました。
パクチーがかなり入っているのですが、ウチはこれも全員クリア!
ヒンカリも週末などに試さなくては!

おしゃべりも弾んでとても楽しかったお料理教室。
残念ながら生徒さんを百人近く抱える先生は新規受け付けしていないとか。
なので空きが出るのを待ちまーす。

またピンチヒッターでもいいのでぜひ参加したいものです!

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。