プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

丸亀製麺のうどん屋さん

ついに、というかやっと、丸亀うどんを食べて来ました!
ずっと行きたいと思っていたのですが、ウチからはちょっと遠くて…
で息子がお誕生日会に参加している時間を利用して行ってきたのです。

店内に入るとそこはまるで日本!
店員とお客がロシア人なのが不思議なくらい。
メニューも日本語がそのまま使われています。
どれにしような迷いつつも、外の気温が三十度越えと暑かったので、冷やしザルうどんにしました。
サイドにイカ天とナス天を。

夫も同じで更にサイドを幾つか。
娘は何故かカレーライスと鳥の唐揚げ。
三人トータルで約2600円。
モスクワでこの値段は安い

懐かしく美味しいランチで大満足。
なんだか東京のショッピングモールのフードコートで食べてる気分でした。
スポンサーサイト

top↑

ロシアで初めてのお誕生日会

息子が学校のお友達のお誕生日会に呼ばれたので行って来ました。
招待状には、日時と場所しか記されておらず、どんなパーティーなのかよくわからないまま。
ただ住所を調べたら、どうやら某大使館の敷地内のよう。
そういえば、お友達のお父様は外交官でした。

でナビを頼りに行ってみると、やはり大使館職員の住居棟でのガーデンパーティー。
親も一緒に、ということでしたがウチ以外は皆その国の人達ばかり。
さらに娘がその庭に生えている木にアレルギー反応を起こしたので、息子だけ残し、私達三人は街中に繰り出しました。

約二時間後に戻るとパーティーもたけなわで、最後のバースデー・ケーキの登場。
お友達のRくん、みんなに英語のHappy Bithday to Youと自国の誕生日ソングを歌ってもらって嬉しそうでした。


ケーキを頂きながらご両親や英語の話せる他のゲストとしばらくおしゃべりを楽しんだあと、帰路につきました。

息子は参加した子どもの中でただ一人の外国人でしたが、Rくんととても仲良しなのでちっとも孤立せず楽しかったそう。
Rくん、まわりが自国語を話しても、息子を気遣ってか常に英語を話してくれていたようです。
モスクワ生活約二年のRくんは英語もかなり上手ですが、ロシア人、韓国人の多いクラスの中で、同じようにマイノリティなウチの息子と何か共感するところがあるのでしょうね。
ちなみにもう一人仲良しの友達がいるのですが、あいにくすでに自国に夏休みで帰省してしまったので、このお誕生日会には来られなかったのです。
三人とも欧州の非英語圏出身。
やっぱり類は友を呼ぶというところでしょうか。

Rくん、あと一年はモスクワにいるそうでとても心強いです。

top↑

真夏日到来

気象庁によると気温30度を超える日を真夏日というのだそう。
モスクワ、この三日間、真夏日です。

ヨーテボリでも暑い日がたまにありますが、それでも湿度が低くて過ごしやすいのです。
ここ最近のモスクワは湿度が少し高めでなんとな~く蒸しっと。
もちろん東京と比べたらまだ爽やかですが。

昨日は午後から夜中まで初めてエアコンをONにしました。
セントラル・エアコンなので家中冷え冷えになりました。

操作パネルの温度表示、なぜかアメリカ~ンな華氏なので温度の感覚がつかめず、ネットの華氏/摂氏換算表をみながら調整。

ちなみに華氏79度は現在の室温で摂氏にして約26度くらい。
気密性が高いので外が暑くても、家の中は割と涼しいです。

モスクワの夏、ミハイルによると20年前はこんなに暑くなることはなかったそう。
やっぱり地球温暖化のせいかしら?

ロシアではまだまだエアコン無しで生活している人も多いはず。
扇風機が飛ぶように売れるのでしょうね。

top↑

Restaurant Scandinavia

とある日本人女性グループのランチに参加してきました。
場所はトベルスカヤ駅からすぐのところにあるレストラン・スカンジナビア



ここ、少し前に家族でランチに来たばかりだったのですが、テラス席が気持ちよく、またスウェーデンのメニューもあったりして気に入っています。

集まったのは13人程。
私は初めてで知っている人もいなかったのですが、皆さん温かく迎えて下さりました。
普段日本人のいない所に住んでいるので、一度に沢山の方に会えて嬉しかった~。
私は子ども達のお迎えの時間があったので一時間半程しかいられなかったのですが、とても楽しいひと時を過ごせました。
また次回も参加するのが楽しみ。

午前中はすっかり晴れていたのが行く途中で雷雨にあい、ランチ中もまた雷雨。
学校へ向かう途中にも、雷雨。
幸い車の中だったり、テラスでもちゃんとルーフの下だったので濡れずにすみましたが、かなりの雨でした。
いずれも十分程でやみましたが。

そして今日は暑いです!
気温30度越えの夏日
さて今年のモスクワの夏は暑い夏になるのでしょうか?

top↑

お友達とメトロ

お友達日本人女性二人と会員制スーパーのメトロへ行って来ました。

ここ来ると万単位で買い物してしまうので気をつけようと思ったのですが、やはり今回も15,000円程…

今回はカリフォルニア米を見つけたので9kgの袋で買ってみました。

買い物後、ミハイルに車に積んでもらう際、随分大きな米袋だね~、と言わんばかりにニヤッと笑われてしまいました。

あとはお肉類を買いだめ。
豚、鳥、牛と数種類。
ここで売ってるお肉は美味しいのでね。

メトロに来たら定番のシメジ、エリンギ、もやしももちろんお買い上げ。
お友達もお肉はもちろん、しいたけやもやしを買ってました。

最近、なぜか豚汁が食べたいわたし。
他の材料は揃ってるのに、大根がない!
メトロに期待してたのに(前回美味しそうな太い大根があった!)、今回は一本も売ってなかった!

む、む、む。夏は季節じゃないのかな?
私の大根探しは続きます…

top↑

モスクワでの初めての別れ

同じ会社のスウェーデン人家族がこの週末で次の赴任地へ向け引っ越して行きました。

夫同士は仕事を通じて大分前からの知り合いでしたが、私と奥様のアナはここモスクワで初めて会いました。

私の中途半端なスウェーデン語をほめ、とても親切にココでの生活について色々教えてくれたり、お友達を紹介してくれたり。
そんなアナが引っ越してしまい、なんだか心にポッカリと穴が空いてしまった感じです。(駄洒落じゃありません)

時間にしてたった三、四ヶ月のお付き合いでしたが、彼女の存在は大きかった!
またいつかどこかで会えるかな?

駐在生活に別れは付き物といいますが、最初のこの別れはかなりキツイです。
これから何人見送るのかな?

top↑

美味しい一週間

今週はぐうたらな私にしては忙しい週でした。

まず月曜日、ポットラックでアナの送別会ランチ。
私は中華春雨サラダを持参。

ところが、約二十人程の参加者のうちアジア系の三人が似た様なヌードル状のものを持ってきたようで焦りました。
(写真とっておけばよかった!)

でも良く良く話してみると、フィリピン系カナダ人のMさんは米粉ベースのヌードルの炒めもの。
韓国人のMさんはポテトベースのヌードルの炒めもの・チャプチェ、私は緑豆春雨のサラダ。
見た目は似てましたが、味はそれぞれ違って美味しく楽しめました。
白人の奥様達にそれぞれの違いがわたったかは微妙なところですが…

あと面白かったのが、中国人のQさん(旦那様はデンマーク人)が巻き寿司を持ってきたこと。
私は中華風サラダだったので反対でしょ、と他の奥様方から指摘されました(笑)

火曜日は初めてボリショイ劇場へ行ってきました。
日本人の奥様方二人と行ったのですが、他にも結構な数の日本人を見かけました。
この日は十代の将来有望なバレエダンサー達のコンテストの最終選考を観賞。
日本人の出場者もいましたよ!
ファイナルというだけあり、どのダンサーのバレエも素晴らしかったです。
まだ若いバレリーナ達、夢に向かって頑張れ!と思いました。
そして噂に聞いていたボリショイ劇場の中は素晴らしかった!
まさに豪華絢爛




水曜日
デンマーク人の旦那様をもつインド人Sさん宅へ遊びに行き、インド料理のCook n Taste!
スパイスやコリアンダーをふんだんに使ったランチ、とっても美味しかった!

木曜日は中国人Qさんに誘われてフィリピン系カナダ人Mさんによるチャイニーズのクッキングクラスに参加。
他の参加者はドイツ人の旦那様を持つ中国人奥様ふたり、あとはルーマニア人奥様がひとり。
作ったメニューは肉まんと豆饅頭!
わたし、実は何を作るのか知らずに参加したのですが、出来上がりが肉まんだと途中で気付いた時は嬉しくて、嬉しくて(笑)
クラス終了後、肉まん、豆饅頭、各10コ程お持ち帰り。
子供たちも懐かしの味に大喜びでした!
ちなみに参加代金は二時間半で五千円程。
ちょっと高いかな~とは思いましたが、美味しいものを教わったのでよしとしましょう。

そして金曜日。
これがまた朝から忙しかった。…
まず朝五時半起床で息子の学校のサマー・フェア用の巻き寿司の用意。
サーモン・キュウリ・アボカド・カニカマを巻いた太巻きを六本!
朝からせっせと巻きましたよ。

ミハイルにお寿司を託し、子ども達を見送った後は夕方から開かれる、同じコミュニティ内に住むスウェーデン人10家族程によるミッドサマー・パーティーの準備。
各家庭、幹事さんから指定された食べ物を持参します。
私はスウェーデン人じゃないので簡単なもので勘弁してもらえ、茹で卵とホットドッグ係りに。
で午前中から卵を30個程茹でたり、剥いたり、ソースを作ったり。
あ、途中ジムにも行って一汗かいてきました。

お昼すぎにはミハイルが迎えにきたので今度は息子の学校のサマーフェアへ。
会場は沢山の親も来ていてかなりの人出でした。

息子はといえば友達と遊ぶのに忙しく、私は一人ぽつーん。
でもフリーのフードやドリンクもかなりあったのでそれらを頂いたり、息子のお友達のご両親とおしゃべりしたり。
このファミリーはリトアニア人一家ですが、ご主人が外交官で数年置きに色々な国に移動してきたそうで、言語が違う国に子どもをあちこちさせる苦労話で話が弾みました。このご両親、美男美人の素敵なカップルでした!

やっとこサマーフェアも終わり、今度は娘の学校に行きピックアップ後、家路に向かうも金曜夕方のラッシュが酷く帰宅までに一時間半。

帰宅後はスウェーデン人によるミッドサマー・パーティーへ。
この日天気は良かったものの気温が低目で風があったため肌寒かったのですが、もちろんスウェーデン人はそんなの気にせず屋外でガーデンパーティー。
食べ物はミッドサマーらしいものが沢山並び、気分はスウェーデン!
朝早かったわたしは22:45頃一足先に帰宅、子ども達は23時過ぎ、夫は深夜1時頃まで話し込んでいたそうで、もちろん彼は今日は二日酔い…

で今日土曜日はどこにも出掛けず自宅での~んびり過ごしています。

最後は昨夜、夏至の夜22:45頃のモスクワの空。


これから日が短くなっていくの、悲しいなぁ…

という訳で、忙しくも充実したインターナショナルな美味しい一週間でした。

top↑

エクササイズ

メイドさんに週二回来てもらうようになってから、用事のない日の昼間がポッカリと空くように。

一人でいるのは苦じゃないけれど、家の中に引きこもるのもなんなので体を動かすことに。

ピラティス、ジムでマシンを使った筋力トレーニング、コミュニティ内のメインストリートをウォーキング、プールでスイミング&水中ウォーキングなどなど交互に気の向くままに。
何かしらを一日置きにやるようにしています。

あ、でもどれも軽~く、です。
体力ないし、元々運動苦手なので。
夫に言わせると、私のはウォームアップにもならないほどの運動量だそうですから…

今日はプールで45分。
お陰で全身だる~い

明日はウォーキングかなぁ。
こんな道を歩きます。




コミュニティのメインストリート一周で約1.8km。
早歩きで三周するとだいたい50分。

さて、子ども達が帰宅するのでバス停にお迎えにいってきます。
今日、明日とミハイルが休暇を取っているので、子ども達この二日間だけ特別にスクールバスに乗せて頂いているのです。
これもまた子ども達にはいい経験でしょう。

top↑

Happy Birthday

また誕生日がめぐってきて、ひとつ年を重ねてしまいました・・・
嬉しいような、嬉しくないような誕生日。

毎年自分の誕生日は子どもたちの夏休みが始まっていたり、日本への一時帰国の時期だったりでばたばたとしていてあまりお祝いした記憶がないのですが、今年はちゃんとお祝いしてもらいました。

いつもどおり朝6時に起きると、キッチンのテーブルの上に夫と夫の両親からのプレゼントが。
子どもたちは朝最初の一言が【ママ、お誕生日おめでとう】でした。

午後、子どもたちが学校から帰宅するのを家の前で迎えると、なんとミハイルから花束のプレゼント。


Happy Birthday to you♪と子どもたちと一緒に歌まで歌ってくれて。
家族、親族以外の人から花束をもらうなって久しぶりで、とっても嬉しくなりました。

その後、晩御飯は夫とモスクワ・リバー沿いにあるレストランShore Houseへ。とても雰囲気のいい、水辺の素敵なレストラン。
ミハイルが送迎もしてくれたので、二人でシャンパンやワインもいただきました。





夜9時前に帰宅すると、ダイニングエリアがきれいにテーブルセッティングされていて、なんと子どもたちからデザートタイムのプレゼント。


娘がサーブしてくれたアイスクリームを食べながら子どもたちからのカードや、絵のプレゼントをもらいました。

まさかロシアのモスクワで誕生日を迎える日が来るとは夢にも思わなかった私ですが、とても素敵な一日になりました。
他にもFBで繋がっている友達からのメッセージや、日本の家族からもおめでとうといわれ、年を取るのは嬉しくないけど、みんなの心遣いが嬉しかったです。
みんなどうもありがとう。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

コミュニティのアニバーサリー

モスクワの自宅のあるコミュニティのアニバーサリー・パーティーがありました。
今年で23周年なのだそうです。
毎年結構盛大にお祝いされると聞いていたので楽しみにしていました。

で、当日は朝から会場セッティングが始まり、音楽が鳴り響き、お昼の12時に開場。

お腹をすかせていってみると、美味しそうな食べ物がたくさん。
シャシリクと呼ばれるロシアのBBQはもちろん、サラダ数種類、ホットドッグ、ピロシキなどのパン類。
飲み物はビール、そしてスポンサー企業コカコーラの各種飲料、乳製品会社の子供向け飲料など。

今年のテーマは海賊ということで、こんな格好をした人たちがいろいろと手品や芸をやったり、オウムや大きな蛇を連れ歩いていたり。




子供向けのアトラクションもたくさんありました。
(子どもが非常に多いコミュニティなので)
ウチの子達は綿アメ食べたり、こんなのに挑戦したり。




かなーりお金のかかったパーティで、期待以上でした。
まぁ、家賃高いですからね。。。。

しっかし、ロシア人がものすごく多かった!
ここ、だんだん欧米系駐在員が減ってロシア人率が上がってるのではないでしょうか?
あっち見ても、こっち見ても聞こえてくるのはロシア語ばかり。
うちはさびしーく、同じ会社のスウェーデン人と一緒にこじんまりと食べました。
シャシリク、すごく美味しかった。


また来年も楽しみです。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

スウェーデンのナショナル・デイ

6月6日はスウェーデンのナショナル・デイ。

同じコミュニティ内に住むスウェーデン人、および北欧人またその関連の奥様でスカンジナビア・ランチというランチ会を時折開いているそうで、今月はこのナショナル・デイに集まりがあり、お誘いを受けたので行ってきました。

各自何か美味しいものを持ち寄りのポットラック式ランチ。
お天気も良く、スウェーデン式に言えば夏という感じの日だったので、少しさっぱり、かつちょっと日本ぽい物をと私は鳥の唐揚げにおろし甘酢をかけたものを持参。

集まったのは9人、6人がスウェーデン人、1人がリトアニア人、1人がノルウェーに駐在経験がありノルウェー語がわかるイギリス人、そして私。
気持ちよく晴れた日で、テラスでのランチ気持ちよかったです。
シャンペンもいただいちゃいました。

皆さんが持ってきた食べ物、さすがスウェーデン手軽でおしゃれなものばかり。
ほうれん草のキッシュ、ミニモッツアレラとトマトのオーブン焼き、ギリシャサラダ、キャビアロール、チーズとフルーツの盛り合わせ、デリカハムの盛り合わせなどなど。
デザートはティラミスと、イチゴのムースの2種類。
ちなみに私の唐揚げもなかなか好評でしたよ。


会話はもちろんスウェーデン語。
どの国も奥様たちが集まればおしゃべり炸裂なのは同じですね。
なんだかモスクワでなく、スウェーデンにいる気分になったランチ会でした。

top↑

和の食材

納豆が買いたくて日本食材店のジャプロに行こうと思ったわたし。

でも前回悲しい程品薄だったし、市南部の支店が閉店されたとネットで読んだばかり。
わざわざ一時間も運転してもらい、お店が閉まってたら悪いので、ドライバーさんのミハイルに営業してないかも…と話したらお店に電話してくれました。

そして結果、誰も電話に出ない…とのこと。やっぱり

仕方ないので納豆を諦め、代わりに欧州系会員制スーパーのメトロへ。
ここでお米9キロ、エノキダケ、シメジダケ、もやし、子ネギ、豆腐など買い込んで今日はお鍋にしました。


ビジュアル的には難ありですが、お味はバッチリでございました。

それにしてもジャプロはやっぱり閉店なのでしょうか?
震災に伴う原発事故の影響で日本からの食材の輸入が厳しくなったり、賞味期限改ざん問題があったりしたそうですが、貴重な日本食材店なのに。
閉店だとしたらと~っても残念です…

top↑

スウェーデン語の通信教育

前に書いたとおり、モスクワには全日制のスウェーデン人学校があります。
あいにくウチからは遠いので、子ども達はインターに通っているわけですが、スウェーデン語の発達は気になるところ。
ウチの場合は特に、私がネイティブではないので子ども達には大きなハンデとなります。

そんな我が家に朗報?が。
この秋から新しく、モスクワ在住のスウェーデン人小学生向けのスウェーデン語の通信教育コースがスタートすることに。

早速、スウェーデン人学校の校長先生による説明会に行き、昨日子ども達はスウェーデン語の到達度テスト(レベルチェック)を受けて来ました。

小学五年の娘は読み書き共に六年生のレベルに優に到達。今後の目標は語彙力を増やすこと。

息子は小学二年生としては中程度、読み書き全体を向上させることが必要とのこと。

子ども達はこのテスト、スウェーデン語だったので楽しかったそう。
普段、英語で苦労しているからね…

この通信教育コース、一人当たり約六万円。
安くはないですが、子どものアイデンティティの為にもスウェーデン語は維持して欲しいので、やってみることにしました。
ウチの他、同じコミュニティ内に住むスウェーデン人家庭四家族、子どもの数トータル10人になる模様。
基本は各家庭での学習ですが、時折グループでのアクティビティなども計画されているそう。

通信教育だけに手伝う親(ウチの場合は主に夫)は大変ですが、頑張ってみまーす。
コースのスタートは九月です!

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。