プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

トトロ in モスクワ

関東地方、梅雨入りしたそうですが、ここモスクワもしばらく、雨、雷の空模様が続いていました。
一日中しっかり雨降りで、気温もそう低くはなく、だいたい20度近く、低くても15度とまさに日本の梅雨のよう!

でも今日はスッキリ晴れました!
やっぱり晴れると気持ちも上向きます。

さて、久々にトトロのことでも。
モスクワに来てからというもの、まさにネコを被ったように大人しくしていたトトロさん。
初めての飛行機、初めてのホテル暮らし、自分の匂いがまったくない新しい家の環境。
そして積もりに積もった大雪。
トトロにとっても大きな引越しだったわけです。

しばらくは家の中でもオドオドしてたし、ましてや引越ししたての頃は業者の出入りも多く、誰かくるたびに二階のバスルームのバスタブの下に隠れて数時間でて来ないこともしょっちゅう。
窓から外を眺めこそすれ、怖がって外にも一切出たがりませんでした。
これなら都心のマンションでもよかったかも?なんて思ったりもしたり。(今のところに決めた大きな理由の一つはトトロが外に出られる環境だったからです)

でも四月になり雪が溶け始めたら、やっぱりトトロの"外に出たい病"がムクムクと。

で今はすっかりお外大好き猫に戻りました。
相変わらず夜行性で、夕方から朝まで外遊び。
で、昼間はこんな風に伸びてます。


今日のように天気がいいと丸一日帰って来ない日も…

あ、ただトトロさん、少し性格に変化も。

以前と比べ、びっくりするくらい人懐こくなりました。
もちろんドライなトトロさんですから、抱っこは相変わらずさせてくれませんが、よく寄ってくるようになったし、お昼寝時も誰かしら家族のすぐそばで寝たりするようになったのです。
どういう心境の変化なのかわかりませんが。。。

ここは芝生も木も多く、コミュニティ内の道路も車は制限速度20km、さらに歩行者とペットが絶対優先となっているのでかなり安心です。

トトロもモスクワ郊外ライフを満喫している様で一安心な私です。
スポンサーサイト

top↑

まるでホテルの一室

変なタイトルですが…
メイドさんがお掃除した後の部屋を見ての感想です。

なんと言うか、朝ホテルの部屋を出て、夕方また戻り、ハウスキーパーさんがお掃除した後の部屋に戻ってきた時の、『あー、部屋が綺麗になってて気持ちいい~』という、あの感じ。

トータル五時間で家中綺麗にし(掃除機掛け、床・タイルのモップ掛け、ガラス・窓掃除、洗面所・トイレ掃除など)、シャツ類のアイロンまで掛けてくれました。

とても満足だった私は、早速来週もお願いしました。
このままスムーズにいけば、アナ一家がモスクワから離れた後は、アナがお掃除をお願いしている火曜と金曜というスケジュールをそのまま引き継げたらいいな。

綺麗になった家に帰ってきた子供達に『ママ、お掃除しないと何してるの?』と聞かれてしまった…
そ、それは。。。まぁ、色々とね。 f^_^;)

メイドさんから、掃除用具や洗剤を買い足すよう指示を頂いたので、近日中買ってこなくては!

top↑

メイドさんのトライアル

期間限定の駐妻(駐在員の妻、の略語らしい)生活。
せっかくだから(?)メイドさんも体験してみることに。
ここのコミュニティの人の多くがメイドさんやナニーを雇っているしね。

それにメイドさんを雇っておくと、旅行時にトトロのお世話もお願いできるので。

頻度ですが、ウチは子どもももう手が掛からないし私は専業主婦なので、メイドさんはフルタイムではなく、週に二日位来てもらおうかと思っています。

メイドさんの候補は次の赴任が決まっているアナのメイドさんを紹介してもらうことになりました。

今日は初めてのトライアル。
なのに、10時にくると聞いていたのに10:24の今もまだ来てない…
ついさっきアナから連絡がきて、今向かってるって、と。
最初からこんなで大丈夫だろうか?
アナは彼女いい子よ、と言ってたけど…

ちなみにフィリピン出身の三十代前半だそうです。

今日はこの後、メイドさんの他、サテライトTVの設置業者とそれの為の通訳としてリロケーション・エージェントのエレナも11時頃やって来ます。

なんかテンパりそうな私です…

top↑

Card making

先程アナ宅より戻りました。
かなりの大雨でたった徒歩三分程の距離なのに結構濡れてしまった。

アナによる手作りカード教室、私が参加するのは今日で二回目。
参加者はスウェーデン人が二人、トルコ人、インド人、中国人が各一人、そして私。
今日の作品はこちら。



なかなか綺麗に出来ました!
野原に咲く白い花と蝶々がモチーフのバースデー・カード。
しかし直近のお誕生日は自分という皮肉さよ…

たかがカードですが、これ一枚作るのにもかなりのマテリアルや道具が必要。
アナはもう何年もやっているので様々なマテリアルや道具を持っていますが、それだけ集めるのにはかなりの労力とお金がかかりそう…
今のところはアナの用意してくれた材料で作業してますが、続けるなら自分でも基本的なものくらいは用意しないと。夏にスウェーデンに帰る際、買ってこようかしら?

あとはもちろん、センスやクリエイティビティも必要。私の場合、その点かなり心配ですが…

残念ながらアナは近々別の国へ赴任が決まっているので、あと何回できるかしら?

top↑

今日はひんやり

只今午前九時前。
気温13度とかなり冷んやりしています。
久々に長袖の登場。
iPhoneでみたら、今日はヨーテボリより気温が低い!

昨日、今日と家でのんびりな私。
というのも、ドライバーさんのミハイルが昨日から体調不良でお休みなのです。
子ども達は夫が送迎。
仕事も山積みなので大変そう。
私が地下鉄やバスを乗り継いでの送迎は時間的にも非現実的。
タクシーという手もありますが、夫がスケジュール調整すればなんとかなる、と言うので彼にお任せしました。
家でグータラしてる私は申し訳ない気もしますが。

こうなってみて私達の生活がいかにミハイルに依存してるかよく分かりました~(。-_-。)

昨日は家で読書をして過ごしましたが、今日はこれからアナの所へ行き、同じコミュニティ内に住む多国籍奥様の手作りカード教室に参加して来ます。

top↑

ユニクロ in モスクワ

モスクワには現在二店舗のユニクロがあります。

今日、クルスカヤ駅前のショッピング・センター、アトリウムの中にあるユニクロでお買い物をしてきました。

うーん、欲しい物のサイズが売り切ればかりであまり買えませんでした。品揃えもなんだかな~。
それでもお客さんは結構いましたが。
ロシア向けの商品展開だからかな~?
私的にはちと残念な感じ。
値段も高いし(ま、これは海外ですから致し方ありませんが)

ただ、一つお買い得だったのは折り畳み傘。スウェーデンにいた頃もユニクロの折り畳み傘愛用してたのですが、引っ越しの時判断を誤ったのか、皆置いて来てしまったのです。
今はドライバーさんがいるので雨天でもそう濡れることはないのですが、やっぱり一つくらいはないとね。

ユニクロ、ウチの近くのショッピング・センターに近日オープンとあるのですが、本当かしら?
だとしたら嬉しいのだけど。
今日行ったユニクロ・アトリウム店はウチから遠いのでね。

top↑

ノヴォデヴィチ女子修道院

世界遺産に登録されているノヴォデヴィチ修道院(Novodevichy Convent)に義両親と出かけてきました。
(ちなみにモスクワにあるロシアの世界遺産はこことあとはクレムリン&赤の広場だそう。)

ノヴォデヴィチ修道院は尼僧のための女子修道院だったそうです。
建設は1500年代。
ここでの修道女生活、夏はともかく冬は厳しかったんだろうなぁと思います。

ロシアっぽい建物。


青空に映えてとても綺麗です。


こちらは鐘楼だそう。

中登れるのかしら?なんて思って扉押してみたけど、しっかり施錠されてました。


この建物の中ではどうやらミサが行われていたようで、たくさんのロシア人が来ていました。

女性は頭にショールのようなものをかぶっていたので、義母は真似てスカーフを巻いて中をのぞきに行っていましたが私は外から眺めたのみ。
宗教には疎いし、信仰心もまったくない私なので、中には入りませんでした。

併設された墓地にロシアの有名人のお墓が多数あるようなのですが、ロシア語が読めないし、子どもたちがお腹すいていたためか不機嫌で喧嘩ばかりするので、早々に退散。

子どもたちと義父には先にミハイルのところへ戻ってもらい、私と義母で修道院群全景を眺められるスポットへ移動。

んー、綺麗です。

しかし、ロシアよ、世界遺産なんだし、もっと英語表記を増やしてもいいんでないの?と思わずにはいられませんでした。観光客、ほしくないんだろうか、ロシアは???

top↑

ボリショイサーカス

義両親とともにボリショイ・サーカスに行った時のことを。
サーカスと言えばボリショイと浮かぶくらい、サーカスの代名詞にもなるボリショイ・サーカスのパフォーマンスはさすが本場、素晴らしかったです。

ロシアの連休中だったので、チケットは事前に購入しました。(三日前に購入しましたが、日によってはすでにソールドアウトの日もありました)
ロシア語まったくわからないし、英語も通じないだろうと思い、ミハイルに一緒にチケットカウンターまで行って手伝ってもらいました。
席により値段の種類もあるので自分ではちょっと難しかったかもしれません。

ボリショイ・サーカスのシアターはかなり大きく定員は3000人を越えると思われます。(夫と数えてみました)
連休中で子連れが多く、シアター内は満席。


こんなシアターの天井を見ると、気分も盛り上がりますね。


ウチが買ったのは安いほうから2番目のチケットだったのですが、シアター内がかなりの傾斜のすり鉢状になっていて、どこの席からでも良く見えるようになっていました。

パッと見素敵ですが、よぉく見るといろいろと。
かなりの年数経ってるのかな、と思い調べたら私とほとんど同じ年でしたよ、このシアター(笑)

プログラムにはいくつか種類があり日によって異なるのですが、私たちが見たのは映画をテーマにしたプログラム。
ダンスなどが上手なのはもちろん、衣装も美しく舞台装置もかなり立派で、ミュージカルを見ているような錯覚を起こすほど。
もちろんサーカスのほうもハイレベルでハラハラドキドキ。
まさしく、ザッツ・エンターテイメント、という言葉がぴったりです。






ボリショイ・サーカスは動物がたくさん出てくることでも知られていて、わたしたちも羊、犬、サル、カバ、クマ、馬などの芸を見ました。
でもこれはちょっと切ない気持ちにも。
お猿さんや馬をつかった芸はいいと思います。
でもカバやクマは、良く躾けられているもののその芸の動きが彼らの生体を考えるとあまりにも不自然で、見ていて気の毒な気持ちになりました。
もちろん、動物たち皆、飼育員や団員にとても可愛いがられて大事にされているのだということはわかるのですが。

でもそれ以外は本当に家族全員、大人から子どもまでとても楽しめました。
言葉がわからなくても気になりません。
私たちが買ったチケットは一人約2500円。
3時間近い公演の内容を考えると安すぎて申し訳ないくらいです。
とてもハイレベルのボリショイ・サーカス、ぜひまた別のプログラムも見てみたいです。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

アリの侵入

おととい、昨日と朝起きてみたらキッチンがアリだらけ。。。。
キッチンの壁と床の隙間にある小さなギャップからアリがたくさん出入りしていました。

うへぇーーー!!と思いとりあえずアリというアリを床にはたいて落とし、その後ほうきとちりとりで集めて外に出しました。
おかげでお弁当作る時間がつぶれてしまいましたよ。

昨日は9時半からアナのところにお邪魔することになっていたのですが、急遽変更しスーパーへ行きアリ駆除剤を買いました。
駆除剤を選ぶのを手伝ってくれたミハイルによると、アリが出たのは私のせいじゃないから管理事務所が対処すべき、と。
彼から管理事務所に話しをしてくれると言うのでお願いしました。

で、午後にアリ駆除のスプレーを持った人がやってきて、キッチンにあるあり侵入口、家の周り、玄関周り、パティオ周りなどシューッとやって帰っていきました。
それだけ???という気もしましたが、まぁ様子を見ることに。

今朝起きてみるとキッチンには蟻んこ一匹もおりません。
効き目はあったようです。

これから夏に向け、蚊も発生するそうなのでそれはちょっと憂鬱。
ヨーテボリでは夏の夕方に外に座っていても蚊に刺されることはほとんどないので。
(モスクワの街中は蚊がいるのかわかりません、ウチのあたりは自然が多いからなのかもしれません)


テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

初夏の陽気 in モスクワ

ロシアのゴールデンウィークも終わり、また街には渋滞が戻りました。
日曜日に初来露で遊びに来ていた義両親もスウェーデンに戻り、子どもたちも学校が再開。

ベルリンから戻ってからのモスクワはいい天気で、気温もぐんぐん上昇。
ここ1週間以上も気温25度以上の夏日が続いています。

えー、モスクワってそんなに暑くなるのぉ?と思った私ですが、案の定これは異常気象のようで、本来の五月の気温は20度ちょっと位みたいです。
良かった、だってこの調子だと真夏はどうなるの?という感じだったのでね。

晴天と日照時間の長さから、街中の新緑の芽は出たかと思ったら音が聞こえるんじゃないかと思うくらいの勢いでぶわっと葉が茂りました。
ウチのパティオから見える景色もこのとおり、すっかり緑です。


下のまだ寒い時期の雪景色写真と比べると違いは一目瞭然。


スウェーデン同様、短いモスクワの春と夏を満喫しなければ!

top↑

夫の両親、モスクワに来た!

ベルリン旅行の翌々日から夫の両親がスウェーデンからモスクワに遊びに来ました。
義両親にとってはじめのロシアです。

今回の滞在は10日間。
主な目的は子どもたちに会うことだったので、自宅でのんびりすることが多かったのですが、時には私たちも一緒にモスクワ観光も。
出かけたのはモスクワの眺望スポット・雀が丘をはじめ、クレムリン周辺、ノヴォデヴィッチ修道院(世界遺産)、イズマイロフお土産市場などなど。

クレムリン(世界遺産)は2回も出かけたのに、三日後に控えた戦勝記念日の軍事パレートの準備のためか赤の広場も閉鎖中、クレムリン内は武器庫のみの見学ということだったので今回はあきらめました。
事前にネットでクレムリンのサイトを調べて通常通りと書いてある日を選んでいったのですが、行ってみたら武器庫のみと言われ、チケット売り場のおばちゃんにいつなら通常通りなの?ときいても「わたしたちにもわからない」との返事・・・
5月のGW中はクレムリン周辺の観光は難しいようです。

基本、夫またはミハイルの運転による車での移動ばかりでしたが、モスクワの地下鉄は駅それぞれに特色があり違ったデザインになっているということで、義両親が見てみたいと言うので一日は地下鉄にも乗りました。
人の多さ、列車運行の頻度など東京を思い出したようでした。

でも義両親の滞在中、ずっとお天気も良く気温も25度前後と最高でした。
パティオに座るのが気持ちよいので、あわててIKEAに行き、ガーデンファニチャーの小さなテーブルとチェアも購入。
皆で外に座ってお茶したり、ワインを飲んだり。
おかげで私はかなり日焼けしてしまいました・・・

義両親がロシア料理を食べたいと言うので、トベルスカヤにあるMariVannaというレストランにも行きました。
ここは昨年12月にモスクワ下見に来たときにも行ったところです。
レストランの中に猫や犬、小鳥までいます。
レストランは込んでいて満席でした。
ミハイルにお願いして予約してもらっておいてよかったです。

あと、ボリショイサーカスにも行ってきました。
ボリショイサーカス、さすが本場!ハイレベルなパフォーマンスを堪能してきました。
観光地やサーカスのことはまた別記事に書きますね。

義両親、私たちのモスクワでの生活の様子も見て安心して帰っていきました。
また来ると言っていましたが、次はいつ来てくれるかな?

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

ベルリン旅行

もう半月も前になってしまいましたが、4月末に出かけたベルリン旅行のまとめを。

【1日目】
エアロフロート便にて一路ベルリンへ。
朝6時には出発と早く家で朝食を食べなかったので、搭乗待ち時間にエアロフロートのラウンジにて朝食。

ラウンジはまぁまぁという感じでした。

ベルリンへの飛行時間は2時間半。
フライト時間短いのに、ヨーロッパ内なのにちゃんと朝食が出ました!
普段スカンジナビア航空でキャビンでの飲食は有料というイメージが出来上がっていたので、これは嬉しい!
エアロフロート、イメージアップです!!!

ベルリン・シェーネフェルト空港はボロくてがっかり。
それもそのはず、旧東ドイツに会った空港で主にソ連時代のエアロフロートが使っていた空港なんですって。
今はエアロのほかはチャーターやら格安航空会社が利用している空港だそう。
でも近々新ターミナルがオープンして、ブランデンブルグ国際空港として生まれ変わるらしいです。


空港でベルリン・ウェルカムカードという72時間の公共交通機関乗り放題+博物館の入場料込み、というカードを購入。
ベルリンの街までは電車に乗っていきました。


泊まったホテルはNovotel Berlin Tia Garten。
電車の駅のすぐ脇でとても便利でした。
メジャーな観光スポットまでも電車で数駅、バスでも15分程度。
ホテル自体もモダンでGOOD!
あと、ノボテルホテルは子どもの宿泊がただだったり、大人が朝食を食べると子どもも無料で食べられたりとファミリーにやさしいホテルです。

ホテルに荷物を預け、まずは腹ごしらえ。
向かったのはベルリン名物・クリーヴルスト(カレーソーセージ)が食べられる有名なお店(屋台?)。

おいしかったです!!!

何のことはない、焼きソーセージにオリジナルのカレーパウダーとケチャップソースがかかっていて、脇にフライドポテトが添えてあるだけなんですが、これがおいしいのです。

子どもたちも大喜び。

お腹がいっぱいになった後は、世界遺産である博物館島にあるペルガモン美術館へ。


(写真の建物はペルガモンではなく、同じ敷地にある別の美術館です)

いやーこれ、ものすごい人手でびっくり。
長蛇の列、列、列。
何がなにやら良くわからず、ウェルカムカードを手にして列に並んでいたら、係員から入場券を持っているので先に進んでくださいといわれスーパー・ショートカットで待ち時間なしで中に入れました。
コレ、その時は気づかなかったんですが本当にラッキーでした。
ペルガモン博物館を見たあと、出るときにびっくり。
ウチと同じようなカードを持っている人でさえ、別の列ができていて入場を待っている状態でした。
ウチはお昼過ぎ早くに行ったのでセーフだったみたい。
ちなみに博物館の中もすごい人でした・・・

その後はホテルへ戻り、チェックイン。
夕方は晩御飯に地元料理を食べに出かけました。
ビールも安く美味しいドイツ料理を堪能し、満足な一日。

【二日目】
この日は朝から二階建てバス(ルート100)に乗りブランデンブルグ門やら大聖堂やらメジャーなスポットを観光。



街中にあるベルリン名物のクマも見つけるたびに子どもたちと撮影。


ランチには日本のラーメンを食べようと出かけたのですが、なんと定休日でした。
しかたなくマクドナルドやらアジアンテイクアウェイやらで簡単に。
この日は買い物もしたかったのですが、ドイツはそうでした、日曜日は定休日のところがほとんど。
というわけで買い物はかどらず。
夕飯はスペイン料理店でタパスの盛り合わせとパエリアを。
すごいボリュームで、タパス類は残ったのをホテルに持ち帰りました。

【三日目】
朝ごはんは朝マックで。
子どもたちが大喜び。私も久々のソーセージエッグマフィン、美味しかった。
この日は子どもたちのたっての希望でベルリン動物園へ。
月曜日の午前中に出かけたので、人が少なく動物が良く見えましたー。
一通り園内を回り、ほとんどの動物を見ましたが、一番面白かったのはアシカの餌タイム。
目の前で芸達者なアシカを見られました。
息子なんて、飼育員が投げた餌が目の前に飛んできたから、それに飛びついたアシカが手を伸ばせば触れるくらいまで寄ってきたので大喜び。
園内も木や植物が多く、とても綺麗でカフェも新緑に囲まれ素敵でした。

お昼ごはんは昨日のリベンジで、日本のラーメンが食べられるラーメン誠へ。
店員さんも日本人で嬉しくなりました。
もちろん久々のラーメン、美味しかったです!!!
(ラーメンには卵が含まれているので息子はご飯とから揚げを食べました)

午後はまずはショッピング。
モスクワより物価が安いので、私はDesigualで狙っていたワンピとブラウス、Swarovskiでネックレスを購入。
夫はadidasでランニングウェアを。
子どもたちはおみやげやさんやアクセサリー店でこまごまと。

その後は水族館へ。
一通り海洋生物たちをを見たあとは最後のハイライト。
ラディソンホテルの中にあるこの水槽の中を特別なエレベーターに乗り内側から観賞です。

(この写真はホテルのロビーから撮影したものです。)
かなりの高さまで上がりちょっと怖いけれど、綺麗でしたよ。

さらに夫の希望でリバークルーズも。

少し肌寒かったけど、でも気持ちよかったです。
観光名所もたくさん見れたし。

夜は息子のリクエストでイタリアン・レストランへ。
ところがここ、すべてのパスタが卵入りということでリクエストした息子本人が楽しみにしていたミートソーススパゲティが食べられず・・・・
仕方なく、彼だけ後でバーガーキングで夕食をとるという事態に。

旅先では卵アレルギーの息子の食事が毎度悩みの種です(涙)

【四日目】
この日はお昼には空港に向かわなければならなかったので、朝一でショッピングに出かけたのですが、収穫なし。
しかも夫と私二人して時間配分を間違え、空港に着いたのが出発時間の一時間前。
その上チェックイン前に免税手続きをしなくてはならず、そこでタイム・ロス。
時間に遅れるのが大嫌いな夫はここで半分パニック。

そしてチェックインに向かうと、なんとここもまずは便に関わらず全員一律、長蛇の荷物検査に並ばなくてはなりません!
この時点で出発の40分前。
エアロフロートのカウンターには職員が一人いるだけで誰も並んでいません。
荷物検査の列に並びながら、カウンターがしまったらどうしよう!ともう夫のストレス度はマックス。

何とかチェックインしたものの、今度はイミグレーションでまた長いこと並びました。
しかしゲートに着くと、なんとモスクワへのフライトはちょっとばかり遅延していました。
焦って損したー!!!
いやー、精神的に疲れましたわ。
やっぱり空港には早めに行かないと駄目ですね。

このベルリン、急に思い立って(主に夫の希望で)選んだ旅先だったのですが、想像していたよりずっと良かったです。(私的にはスウェーデンと似たような街じゃない所に行きたかったので、ベルリンは行きたい旅行先のリストには入っていなかったのです)

ベルリンは整然としていて、古いものとモダンなもの、そして都市と自然ががうまく融合したとても美しい街でした。
言葉もスウェーデン語に似ているからわかりやすいし、英語も良く通じるし快適でした。
なんだかまたカオスの街・モスクワに帰るのがなんだかやだなぁ、と言う気分にすらなりましたよ。
(実際には帰ったら帰ったで、ほっとしたのですが)


以上、駆け足でベルリン旅行の記録でした。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

ベルリンから戻ったら

ベルリンから戻ったら、モスクワはだいぶ緑が増えてました。

昨夜ベルリンより帰宅。
美しく秩序のあるドイツ・ベルリンからカオスの街モスクワに戻るの、ちょっぴりやだなぁな~んて思った私達。
でもやっぱり住めば都?
到着ゲートで迎えに来てくれたミハイルに会い、自宅のあるモスクワに着いたらそれはそれで嬉しくなりました。

ベルリン旅行記書きたいのですが、明日からスウェーデンの両親が来露するのでバタバタ中。
記事は少し先になると思います。

今日は掃除洗濯にいそしみ、パティオに飾る初夏の花を調達してきました。


リビングから見える芝生も緑になってきた!
写真は日向ぼっこするトトロと戯れる娘。

気温16度、快晴、最高

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。