プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

Academy Award Ceremony

子供達の学校もいよいよ年度末。
今日は息子の通うインターでの表彰式に夫と二人で参列して来ました。

10日ほど前に校長より「息子さんが今年度の栄えある受賞者にノミネートされたので、表彰式にご参列ください。またこの件は本人は知らないので秘密にしておいてください」というようなメールをいただいたのです。

学校のホールにはYear4-6までの児童約120人と受賞者の父兄が約30名ほど。
楽器や歌唱、その他特技のある生徒による演目をはさみながら、
Progress award (最も上達した児童の優秀賞)、
Best Russian award (ロシア語の優秀賞。ネイティブ部門および外国語部門)
が発表されていき、最後が
2014年度のAcademy award (最優秀賞)の発表でした。ちなみに受賞は各学年から男女一名づつ。

そして我が息子、なんとYear5の男子児童の最優秀賞を受賞!



息子の場合、インターに通ってまだたったの一年三ヶ月、入学時には英語も全く出来なかったので、今回何か賞をもらえたとしても優秀賞かな~と思っていたので。。。

一応この最優秀賞は学校での全教科における学習努力および成績をもとに先生方が選出するのだそうです。なので尚更ビックリ。。。

通い始めた頃は英語もロシア語も何もわからず、毎朝登校時間になるとお腹が痛くなったこともあった息子。本当によく頑張ったな~と感心してしまいました。

こんなこと一生に一度しかないと思うので、彼のこれからの学校生活の支えになってくれるといいなと思います。
もっとも本人は受賞そのものより、頂いた大きなトロフィー(カップ?)が嬉しかったよう。



何はともあれ、おめでとう‼︎






スポンサーサイト

top↑

ケンブリッジ児童英検 結果

息子が四月に受けたケンブリッジ児童英検(Cambridge Young Learners English)のFlyersですが、先日結果が届きました。

息子のスコアは読み書き、リスニング、スピーキングのそれぞれで最高のシールド五個をもらいました~‼︎立派、立派‼︎



なんと言っても息子の英語学習歴は一年ちょっとですので、それを考慮すると本当によく頑張ったな~と…

本人も気を良くして、『来年は(合否のある)KETを受ける~』と。

英語の他、スウェーデン語も通信教育で学ぶ子供達。大変だけど将来損することは無いから、頑張るのだよ~!

top↑

インターの誕生日パーティー

息子は9歳。まだまだお誕生日会が盛んなお年頃。(ウチの子達は夏休み中の誕生日なので、お誕生会はなし)
先日もウクライナ人のクラスメイトのお誕生会に御呼ばれしてきました。

このお誕生日会、集合がお友達の自宅に昼の12時。そこでランチをご馳走になった後、午後から最近出来たというロシア版キッザニア(いわゆる職業体験ができるアミューズメント施設)に連れて行っていただけると。
そして夕方はまたお友達の自宅に戻り楽しく遊び、お迎えは夜の20時半というスケジュール。

長時間だし、キッザニアのようなところにもいくというからにはかなりお金の掛かったお誕生日会。
プレゼントをどうするか迷いましたが、息子にお友達にほしいものを尋ねてもらったところ文具類がほしいというので急遽買いに出かけました。ペンケースセットやカラーペン、多目的定規やコンパスなどいろいろセットにして約1300ルーブル(約4000円)ほど。コレじゃ少ない気もしなくもないですが、お誕生日会だし、まだ10歳だし。。。と。(最初は私が勝手に4500円ほどのレゴをプレゼントに用意したのですが、息子から却下され、あわてて文具類をそろえたのです)

正直言ってインターの世界の金銭感覚には戸惑うことが多いです。
特にロシア人のお金持ちの家庭は、私たち駐在員家庭(自国に帰れれば普通の庶民)の想像を超える金銭感覚を持っている人たちも多いようで、高額なプレゼントがやり取りされる話も聞くので・・・
とはいえ普段、放課後や週末に友達と遊ぶことのないわが子たちですので、こういう機会はなるべくお友達と遊ばせてあげたい気持ちも。

このお友達のお宅もとても広く、送迎時にちょこっとお邪魔した夫によると少なくとも500平米はあったのではないか、と。
息子も「○○君の家、すっごい広くて犬と一緒にみんなで走ったりして遊んだ」と・・・
まぁ、普段縁のない世界を見るのもこれまた人生勉強ですね。とにかく息子はとても楽しかったようなのでよかった。

そして来週もう一件お誕生日会にお呼ばれされている息子クンなのでした。。。

top↑

ケンブリッジ英検

息子がケンブリッジ英検を受けました。学校で年に一度受験する機会があるのです。(任意、有料)
ケンブリッジ英検というあたり一応(さすが?)英国系インターだわ、と思ったり。

ケンブリッジ英検といっても児童向けのもので、初級のスターターズ、中級のムーヴァーズ、上級のフライヤーズという合否の無い到達度テストの他、KETという合否の判定がつく4レベルがあり、今回息子はフライヤーズを受験。(学校の方針なのかKETはYear 6の児童のみ受験可)
3月からは週に一度、放課後に一時間のケンブリッジ英検準備のための補習授業も用意され、受験対策もバッチリ!?

試験は先週の土曜日、朝9時からお昼過ぎまで、Reading, Writing, Listening, Speakingの4つを休憩をはさみながら受けたのだそう。
終了後の手応えは?と聞いたところ「できたと思う…」との息子クン。

お楽しみの(?)試験結果がいつ届くのか母もよくわかっていませんが、気長に待つとしましょう。(一応子供たちの試験用紙はイギリスに送られ、あちらで採点されるとのことなので時間がかかるのだそうです)

ちなみに息子が受けたFlyersは合否の無い試験なので、読む、書く、聴く、話すのそれぞれの到達度をケンブリッジ大学の紋章である盾(シールド)のマークの数(最高5個)で表した賞状がもらえるのだそう。

で今回のケンブリッジ英検、これまで試験と名の付くものを受けたことの無い息子には良い経験だったのではないかと思います。それなりに補習授業など頑張っていたし。
「来年はKETを受けたい!」と話していたことからも受験自体を楽しめたように見えました。
お疲れさま、息子クン。

ちなみに受験費用は約15,000円ほどでした。

top↑

コンサート@House of Music Moscow

子供の通うインターナショナルスクールの創立20周年記念で子供たちによるコンサートが開かれました。
会場はモスクワ市内南西の川沿いに立つスイソテルの横にあるHouse of Music Moscow。

子供の発表会だから大したことないホールかなと思っていたらとんでもない。
まだ新しく立派な建物で、中もこの通りモダンで温かみのあるホールです。


うちの子は娘が北アメリカがテーマでHipHopダンスを、息子がアフリカテーマのソングで象の役にて出演。
二人とも練習にリハーサルにがんばってきたので(特に娘)、本番もバッチリでした。




帰りはもちろん渋滞。
コンサートホールから自宅まで二時間近く掛かりました(>_<)
子供達には楽しい経験となったようです。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。