プロフィール

黒猫

Author:黒猫
*****

夫の海外赴任で2013年3月より
モスクワ生活

家族は
スウェーデン人の夫
小学生の娘と息子
黒猫のトトロ(スウェーデン生まれ)
灰猫のミーシュカ(ロシア生まれ)

*****

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

宇宙飛行士記念博物館

子供達を連れ宇宙飛行士記念博物館へ出掛けてきました。

連休中で道路が空いていて40分ほどで到着。博物館は建物上部にとっても目立つ、宇宙に向かって飛び立つロケットのオブジェ(?)が突き出ているので遠くからでもわかります。


入場料は大人が一人200ルーブル、小人は20ルーブルととても良心的なお値段。

入ってすぐロシアの宇宙ロケットスプートニクや宇宙飛行士ならぬ宇宙犬、ベルカとストレルカ(剥製)がお出迎え。


彼らは1960年に地球の軌道をぐるっと回って生還した生物。ロシアの英雄ガガーリンが宇宙に出る一年前のこと。宇宙空間が生物に及ぼす影響を調べるため、人間のまえに生体実験として送られたわけです。
ちなみに宇宙犬はベルカとストレルカ以外にもたくさんいて、ロケットに乗り初めて地球の軌道飛行をしたのはライカ犬として知られるクドリャフカ。でもクドリャフカが宇宙飛行をした1957年当時の装置には帰還システムがなく、クドリャフカは地球に帰ることの出来ない片道飛行であったことから、彼女は悲劇の宇宙犬として知られています。宇宙犬には厳しい訓練を受け様々な審査をクリアできた優秀な犬が選ばれたのだそう。私達が恩恵を受けている宇宙開発技術の発展にはこれらの犬たちも多いに貢献していたと初めて知りました。

そしてロシアの英雄ガガーリン。


残念ながら展示物の説明やミニシアターで上映された映画はほとんどがロシア語だったので詳細は分からなかったのですが、それでも宇宙ロケット(スプートニクやソユーズなど)や歴代の宇宙服、国際宇宙ステーションなどのレプリカや模型など見所はたくさんあって楽しかったです。特に国際宇宙ステーション内部の様子はトイレや就寝スペース、宇宙食の展示などへぇ~と思ったり。

宇宙開発技術では最先端を行くロシア、アメリカにまざり日本人宇宙飛行士の名前や写真、日本の衛星などもパネルにありましたよ。そういえば今まさに日本人宇宙飛行士の若田さんは国際宇宙ステーションに滞在中で五月中旬にロシアのソユーズで帰還の予定だとか。

ロシアが国の威信をかけて世界をリードしてきた宇宙開発技術の一端を垣間見れる博物館でした。

博物館を出た後は建物をぐるっと回って飛び立つロケットのオブジェを真下から拝見。高さも相当あり、こんなオブジェを作るあたりロシアの宇宙に対する気合のほどが伝わってきました、ホントに。


またこういう重々しい壁画彫刻やガガーリンを始め宇宙開発に貢献した人々の銅像もあり、これまたザ・ロシア!



博物館の後は車で自宅方面に向かい、丸亀うどんでランチ。
家族で楽しいお出かけとなりました。

宇宙飛行士記念博物館、オススメです。

スポンサーサイト

top↑

義両親とクレムリン観光

普段郊外の自宅にこもりきりの(?)私たちですが、夫の両親が滞在中に皆でクレムリン観光に行ってきました。
モスクワ生活11ヶ月目にしてやっと、です。
実は昨年5月の義両親モスクワ滞在時にも2回チャレンジしたクレムリン。でもどちらも閉まっていたのでした。

出かけたのは新年明けて2日。
自宅から最寄り駅まで車で行き、そこからは地下鉄に乗ってGO!

クレムリンの外側で新しく出来たチケットセンターにて入場券を購入。かなりの人で10分ちょっと待ったかな。
窓口のおばちゃん、ちょっと英語も話せました。
そして空港並みの手荷物検査等を済ませトロイツカヤ塔からやっとクレムリン内へ!


今回はクレムリンだけで、別料金の武器庫やダイヤモンド庫は入場せず。これらはいずれ機会があればまた。

クレムリンの中に入ると、ほー、これがあのロシアの(というより旧ソ連の)クレムリンかー!と、ちょっと感慨深い気分になりました。
敷地内には強面の警備の人たちが要所要所に立っていて、観光客がちょっとでも車道にはみ出したり、見学エリアを外れるとすぐにピッ、ピッ、ピーッと笛を鳴らして戻るように言われます。厳しいデス。

さすがクレムリン。ザ・ロシアな写真がたくさん撮れました。









クレムリンを後にした私たちはランチのためにそばにあるグム百貨店へ移動。
テロ対策か、警備がとても厳しく、赤の広場に入るゲートは荷物検査のための長蛇の列があったため赤の広場経由では行けずぐるっと回りました。
グムでは3回にあるソ連スタイルの食堂、スタローヴァヤNo.57へ!
ここはセルフサービスでカウンターから好きな食べ物を選んで最後にお会計。
全員お腹がペコペコだったので、みんなサラダ、メインはもちろんデザートまでトレイにとっていました。
アレルギーのある息子の食べ物も眼の前で見て選べるので楽でした。
ここ、高級百貨店グム内にありながら、お値段がとても手ごろで味も良かったです。
夫の両親も喜んでいました。

食事後はグムをブラブラ。
クリスマス、ニューイヤー仕様の店内、綺麗です


ソチ・オリンピックのオフィシャルグッズを扱うロシアのスポーツメーカー入り口にオリンピックマスコットの白熊がいたのですが顔がビミョーでまるでニセモノみたい(笑)


グムを後にし、セキュリティーゲートをくぐり赤の広場へ。
アイススケート場が設置されていて、あのニュースで見るドッカーンと広い赤の広場は体感できなかったのですが、モスクワの代名詞的な観光名所ポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院とも呼ばれています)で記念撮影。
これまたザ・ロシア!!!


二回目の来露でやっとモスクワらしい観光が出来夫の両親も大満足な一日となりました。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

New Years Concert@チャイコフスキー音楽ホール

子どもたちがスウェーデン滞在で夫婦二人きりの最終日。
夫の会社がスポンサーという関係でチケットをいただいたので、年末に催されたNew Years Concertを聴きにチャイコフスキー音楽ホールへ出かけてきました。

このチャイコフスキー音楽ホール、どこにあるのかも知らなかったのですが、着いてみたらばよく通りがかりに目にするマヤコフスカヤ駅すぐそばにある大きな建物でした。


開演前にはホールに併設されているチャイコフスキー・カフェでスパークリング・ワインとエクレアをいただきました。このエクレア、美味しかったー!

さてホールに入り席に着きましたらば、なんと最前列でした。さえぎるものなく、演奏者たちが間近で見られるのは最高ですね。(ボリショイバレエなどで日本の方が最前列に座っているのを見かけたりしますが、どうやってチケットを取るのでしょう???)
ニューイヤーコンサート言うとイメージするのは何といってもベートーベンの第九ですが、今回はそうではなく、モーツアルトの楽曲とあとはオペラ歌手による歌がメインでした。
楽団の指揮者とオペラ歌手の男性がとても遊び心に溢れた人たちで、観客が一緒になって楽しめる演奏で観客も大喜び。最後はスタンディングオベーションでなかなか終わりませんでした(笑)

帰りも年末のせいか道路はすいていて20分ほどで自宅に到着。運転手さんのヴァレリも「こんなに空いているなんて夢のようだね!」と笑っていました。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

スウェーデン大使館

先週金曜日に初めてスウェーデン大使館へ行ってきました。
夫の仕事関係で大使主催のパーティへご招待いただいたのです。

スウェーデン大使館はモスクワ南西部にあり、近くにはドイツをはじめ数国の大使館が並んでいます。
先日行った日本大使館に比べるとセキュリティーゲートも簡素でした。
もちろんパスポートチェックをしますが、鉄策のゲートを通るだけです。

パーティーは大使公邸で行われたのですが、内装などシンプルで白木を要所に使った北欧らしい雰囲気でした。そして駐ロシアスウェーデン大使はなんと女性。このあたりもさすがスウェーデン。

ビュッフェスタイルのお料理もちゃんとスウェディッシュ・ミートボールをはじめスウェーデンぽいものが並んでいました。
もちろんロシアなのでシャシリク(炭火焼BBQ)も屋外にちゃんと用意されていましたし。
あとはスウェーデン人のシンガーが数曲の歌をピアノを弾きながら披露してくれました。

帰りは9時過ぎにスウェーデン大使館を出たのですが、金曜夜のひどい渋滞にはまり帰宅するのに2時間掛かりました。まことにやっかいなモスクワの渋滞です。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

モスクワ・リバークルーズ

今日は久々に朝からいい天気!
夫の提案でモスクワ川のリバー・クルーズに行ってきました!

夏の季節は幾つもの会社がリバークルーズを運行してあるようですが、せっかくなので一番豪華な?ラディソン・ホテルが運行するRaddison Moscow River Cruiseへ!

週末で渋滞が無かったので三十分ほどでラディソン ロイヤル ホテル(旧ウクライナホテル)前に到着!クルーズ乗り場はホテルの目の前ですぐに見つかりました。




夏場は人気と聞いていたのですが、チケットもその場で買えてほとんど待たずに乗船できました。
タイミングもよくてラッキー!

クルーザー、想像していたよりキレイで立派なのは嬉しい驚きでした!
13時発の船だったので、中のレストランでランチをいただきました。


クルーズはちょうど二時間半。
クレムリン、ピョートル大帝像、救世主キリスト教会などのメジャーな観光スポットもたくさん。





ランチ後はアッパーデッキで心地よい風に吹かれながら、モスクワ川沿いの景色を堪能しました。

夜のライトアップされた景色や真冬の雪景色も素敵そうなのでまた乗船したい!

ちなみに料金は家族四人で3100ルーブル、日本円で9500円近くでした。
ランチも同じ位だったかな。
食事のお味に対して料金は高めな気がしましたが、まぁ景色料かな。サービスは◎。

下船後はせっかくなのでラディソンロイヤルホテルでお茶を。



クラシカルで重厚感溢れるお茶タイムになりました。綺麗なウエイトレスのお姉さん、子どもたちにチョコレートをくれたりしてサービスもとても良かったですよ。
あとトイレが豪華で綺麗
ロシアはトイレが難点なのですがここは素晴らしい
こんなトイレは久しぶりでしたわ、ワタクシ。

このラディソン モスクワ リバークルーズとラディソンロイヤルホテルでのティータイム、ちょっと豪華な気分になれてGood!
次回、夫の両親とまた来たいです。

テーマ:ロシア
ジャンル:海外情報

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。